東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ56話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「The one」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

55話のあらすじ

マイキーからの「オレはオマエの敵か?」という問いに、「敵だ」と答える一虎。

人を殺すのは悪者だが、敵を殺す者は英雄だと言うのです。

そして、マイキーを拘束させると、再び鉄パイプで頭を何度も殴るのです。

ドラケンは慌てて駆けつけようとしますが、半間に阻まれます。

ギャラリーも、マイキーの負けだと思った中、マイキーは自分を拘束している少年ごと一虎のこめかみに強烈な蹴りを入れるのです。

「そんな事で兄貴を殺したのか」怒るマイキーの顔は、まるで鬼のようでした。

東京卍リベンジャーズ55話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ7巻56話ネタバレ

兄を殺しておいて、自分勝手な理由を並べる一虎に、マイキーは本気で怒ってしまいました。

悪魔にも感じる強さと形相。

マイキーが一虎を殺してしまった。そのことを思い出してしまいます。

しかし、それは一虎が場地を殺したからだったはずです。未だ現れない場地。一体どこで何をしているのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

力尽きるマイキー

マイキーの一撃で、意識のない一虎達。

タケミチはマイキーの凄さに、圧倒されます。

しかし、血を流しているマイキーの息は上がっていて、目を閉じて膝を着いてしまいます。

それを見て、芭流覇羅のメンバーたちは、今ならマイキーをやれるんじゃないかとざわつきます。

ドラケンと半間の息も上がっています。

双方ボロボロですが、マイキーの姿を見て「やるなぁ・・・一虎・・・」と半間は笑うのです。

未だに動かないマイキーを見て、芭流覇羅の幹部の丁次はメンバー達を先導して「マイキー潰すぞ!!!」と走っていきます。

まだ芭流覇羅の幹部が残っていたことにタケミチは焦りますが、黒いパーカーに黒いマスクをしている丁次の姿をどこかでみたことがあるように思うのです。

しかし、それどころではないとマイキーの元へ向かおうとします。

三ツ谷も松野も囲まれていて動くことが出来ません。

ドラケンは「ゾンビかテメェは!!?」と、苛立ちながら半間を殴ります。

みんなも動けない。タケミチはマイキーのことを助けないと、と追いつめられます。

息が上がり、ボロボロの姿でマイキーに向かって走っていくのです。

出典  東京リベンジャーズ7巻 第56話

しかし、顔面に裏拳を食らって、すぐに後方に吹っ飛んでしまいます。

それを苦々しく思いながら、再び走るのですが、何度も芭流覇羅の邪魔が入ります。

後ろから掴まれて、マイキーの名前を呼ぶしかないタケミチ。

マイキーのすぐそばまで芭流覇羅のメンバーが迫っています。

なりふり構わず、自分を押さえている腕に噛みついて必死に前に進もうとしますが、警棒を片手に持った丁次が「大将首殺ったぞ!!」とマイキーに襲い掛かります。

ついに現れた稀咲

それを見て、涙を浮かべて終わったと思うタケミチ。

しかし、さっそうと稀咲が現れて、丁次の顔面を殴るのです。

タケミチは急に現れた稀咲に、驚きます。。

稀咲は殴られて倒れた丁次の頭の上に、片足を乗せて踏むと「参番隊隊長の自分が責任をもって大将を守らせてもらう」と言うのです。

出典  東京リベンジャーズ7巻 第56話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

それを見て、夏に稀咲が丁次と一緒に歩いていたことを思い出したタケミチ。

黒いマスクをした芭流覇羅の幹部。彼は稀咲の手下だと気が付きます。

思考が追いつかず、固まるタケミチ。

しかし、周りの東卍のメンバーたちは、入ったばかりだと言うのに大活躍をする稀咲に好感を持ちます。

千冬だけは舌打ちをして「総長にでもなる気かな?」そう言い捨てたので、タケミチは稀咲の思惑に気が付きます。

稀咲はこの抗争で東卍が勝っても負けてもどちらでも良かったのです。

東卍が負けた場合は、芭流覇羅に吸収する。

東卍が勝てば、一番目立つ場所で活躍をしてメンバーからの信頼を得て成り上がる。

どうなっても大丈夫なように、全て計算していたのです。

周りの稀咲を絶賛する声に、タケミチはどんどんと息が上がっていきます。

結局自分は、知らない間に稀咲の掌で踊らされていた。

そんな中、ドラケンは「稀咲!!よくやった!!マイキーを任せた!!」とみんなの前で声をかけるのです。

絶望するタケミチ。

違う。

稀咲はそんなんじゃない・・・

こいつは東卍を、マイキーを、ドラケンを・・・

すると、颯爽と車の上を駆け上がっていく者が居ます。

鉄パイプを振りかぶって、「この時を待ってたぜ、稀咲!!」と場地が稀咲の背後に現れるのです。

突然の場地の登場に稀咲とタケミチ驚きます。

東京卍リベンジャーズ57話ネタバレ

感想

ずっと現れなかった2人が、ついに姿を現しました。

ドラケンの時以上に、完全な計画を練り上げてきた稀咲。

今度こそマイキーを自分の手の内に入れる計画を立てておいた上で、失敗した場合は最も自分の株が上がるようにしていました。

自分がノス相手まで作るなんて・・・本当に性格が悪い・・・。虫唾が走ります。

そこに現れた場地。

やはり目的は稀咲だったようです。

一体ここで現れて、稀咲をどうしたいのでしょうか?とても気になります!!