未分類

ほむら先生はたぶんモテないを安く読む方法!オススメの電子書籍サイトを紹介

こういう人にオススメ
  • ほむら先生はたぶんモテないを出来るだけ安く読みたい人
  • 安く読みたいけど電子書籍のサイトが多すぎてどのサイトがいいいのかわからない人
  • 賢く生きたい人


今回はほむら先生はたぶんモテない」を出来るだけ安く、一部無料で読む方法をお伝えしていきます。

 

そんな「ほむら先生はたぶんモテない」ですがお得に安く賢く読むならebookjapanをオススメしています!

中でも登録時にゲットできる50%OFFクーポンが激アツです!

ebookjapanはクーポンや特典も豊富なため代表的なKindleなどで購入するより遥かにお得に読むことができますよ!



ebookjapanで「ほむら先生はたぶんモテない」を50%offでお得に読む

ebookjapan以外にもいくつかオススメのサイトを紹介していくので自分に合ったサイトを見つけてくださいね。

今ならAmebaマンガが熱い!!

当サイトでは「ほむら先生はたぶんモテない」を安くお得に読む方法としてebookjapanをオススメしています、ですが今Amebaマンガにて期間限定のキャンペーン100冊まで半額という驚異的なキャンペーンを開催中です。

まとめて電子書籍を読みたい方にとってはとってもお得なキャンペーンとなっていますので、是非お試しください。


目次

ほむら先生はたぶんモテないを安く読む方法!オススメの電子書籍サイトを紹介します

「ほむら先生はたぶんモテない」を安く賢く読める4つの電子書籍のサイトをご紹介します

  初回登録料 メリット
ebookjapan 無料 50%offクーポン(6回分)
コミック.jp 30日間無料 クーポンで無料で読める
U-NEXT 31日間無料 動画も観れる
Amebaマンガ 無料 100冊まで半額キャンペーン

ebookjapanでほむら先生はたぶんモテないを安く読む

迷っているならebookjapanがオススメ!

ebookjapanってどんなサイトなの?

ebookjapanはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営しています。

国内では最大級と言われており、扱っている電子書籍の数は85万冊以上です!!

ているジャンルはマンガ以外に雑誌やビジネス、写真集など幅広くあります。

無料で読めるマンガも5000冊以上あるので、それだけで登録する価値があります。

また、ヤフーが運営しているためヤフープレミアム会員やソフトバンクユーザーに嬉しいキャンペーンや特典があります。

電子書籍のサイトは、どのサイトもお得なクーポンや無料期間といったそれぞれ素晴らしい特徴があります。
結局どれがいいの?と思ってしまう方も多いと思います。

そこで、初めて登録するならebookjapanを試してみてはいかがでしょうか?

  • 登録料が無料なため、無料登録期間中に急いで読む必要がない
  • 解約をし忘れて無駄に月額料金を払うことがない
  • 自分の読みたい時に読みたいだけマンガが読めるので安心して登録して頂くことができる

 

50%offのクーポン6枚もらえる



ebookjapanで最初にもらえるクーポンがとてもお得です。有効期限はクーポン取得後60日間

  • 購入金額の50%分が値引きされます(最大500円まで)
  • 有効期限はクーポン取得後60日間
  • クーポン使用は6回まで
  • 一部対象外の商品もある
  • クーポンの併用は不可
  • 商品代が100円以上(税込)からクーポンのご利用が可能

ヤフープレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザーに嬉しい特典

ヤフープレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方は金土日祝日はお得なキャンペーンがあります。PayPay残高で商品を購入した場合に高還元されます。

金曜日に購入した場合は、最大で50%還元と大変お得なイベントとなっております。

なので、読みたい漫画を金曜日に購入するのが一番いいかもしれません。

※キャンペーンの条件は随時変更の可能性がありますのでよく確認してご購入ください。

無料で読める!?

ebookjapanでは一部の商品が無料で読むことができます。
その数なんと5000冊以上!!

少女・女性、少年・青年、TL、BL、その他と幅広いジャンルを無料で読むことができます。

どんな本があるか無料ですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

ebookjapanのまとめ

  • 登録が無料
  • 月額がかからないので解約などの余計な手間がかからない
  • 初回時のにもらえる50%offクーポンが熱い
  • ヤフープレミアムやソフトバンク・ワイモバイルユーザーはさらにお得な特典満載
  • 登録していれば誰でも無料で5000冊以上の本が読める

コミックjpの無料ポイントでほむら先生はたぶんモテないを見る

初めに、コミック.jpは月額制の有料サイトになります。プランがあり月額を払ってポイント獲得し、そのポイントを使ってマンガが読めるという仕組みになります。

ですが、コミックjpの無料トライアル期間という嬉しいキャンペーンがあります。

そのキャンペーンを使えば1ヶ月間、月額が無料でマンガが数冊読めます。読みたいマンガがある場合は試しに登録してみるのもいいかもしれません。

月額 毎月もらえるポイント
毎月550円 毎月650ポイント
毎月1100円 毎月1350ポイント
毎月2200円 毎月2700ポイント

月額が高くなるにつれてもらえるポイント率が高くなっていきます。

無料登録で1350ポイントゲット

先ほど説明にした無料トライアルに登録すると合計で1350ポイントがもらえます。

1350ポイントがあればマンガを無料で2冊は読むことができるので大変お得になっています。

コミック.jpの無料トライアルを試してみる

 

コミックjpこんなところがオススメ

コミックjpは話題の作品や新作のコミックまで13万点越えの豊富な品揃えとなっております。国内最大級のコミックサイト。

通信料が気になる人も心配いりません、あらかじめお好きな商品をダウンロードしておけば移動中の電車、飛行機の中でも通信料を気にすることなく快適に見ることができます。

また、music.jpという姉妹サイトがあり、貯まったポイントや余ったポイントをmusic.jpで使うこともできるのも魅力の一つです。

無料で読めるマンガも1000点以上ありますので月額費の元を取ることはもちろんのこと、無料トライアル期間中のポイント消化してしまった後でも無料で毎日楽しむことができます。

コミックjpまとめ

  • 無料トライアルでもらったポイントで読みたいマンガを無料で読むことができる
  • ポイントがなくなった後も無料で読めるマンガが豊富
  • music.jpでもポイントが使える

U-NEXTでほむら先生はたぶんモテないを無料で見る

 

U-NEXTといえば動画のイメージが強いかと思いますが、実はマンガも読めるのが特徴の一つです。

前提として動画は見放題ですがマンガな関しては読み放題ではありませんのでご注意下さい。ですが、読み放題ではありませんが無料で読むことができるマンガが約5000冊以上ありますので、動画が見放題な上にかなりお得なことは間違いないですね!

毎月ポイントがもらえて自分の好きなマンガを無料で読むこともできちゃいます。

 

動画もよく見るという方には一番オススメのサイトです!

毎月1200ポイントが入ってくる!

無料トライアル期間が終わった後の通常の月額は2189円(税込)になります。

2189円を払えば動画は見放題な上に毎月1200円分のポイントをゲットできます!

そのポイントで漫画の最新刊を読むことができたり、最新の映画だって観ることができるのでとてもお得な特典となっています。

無料トライアルに登録をした場合は600ポイントがもらえます。2ヶ月目からは1200ポイントとなります
 
 

U-NEXTの無料トライアルを試してみる

同時視聴できるアカウントの数は4つ

U-NEXTでは1人が契約した場合その人とは別で3人U-NEXTを観ることができます。

つまり、4人家族だった場合2189円払えば家族全員がいつでもそれぞれの見たいマンガや映画を観ることが可能です。

一人で2189円は高いと思う方は4人で払えば一人役500円U-NEXTを楽しむことができるわけです。
家族に相談してみるのもありですね!

家族に何の動画を見ていたか知られたくない!という方も安心して下さい。

それぞれのアカウントがありますので何を観たのかは本人しかわかりません。

対応するデパイスがたくさんある

U-NEXTは対応しているデパイスの数も多いので色々なシーンで活躍できます

・スマホ
・タブレット
・PC
・テレビ
・Blu-rayレコーダー
・ホームシアター
・プロジェクター


ホームパーティーの時でも大画面で迫力のある映画をみんなで楽しむことができそうですね

映画やマンガを購入すると最大40%ポイント還元

U-NEXTでは一部の最新の映画やマンガはポイントや現金で購入する必要があります。

その時に嬉しいのが、このポイント還元です。

常に実質40%OFFで映画やマンガを購入して楽しむことが可能になります。

※無料トライアル中はポイント還元はありませんのでご注意下さい

U-NEXTまとめ

  • マンガだけじゃなく動画も見放題
  • 映画やドラマをよく見る方は絶対お得
  • 毎月1200ポイントがもらえる(無料トライアル中は600ポイント)
  • 一人が契約すれば4つまでアカウントがもてて、4人が同時視聴が可能
  • 対応デパイスがたくさん
  • ポイント最大40%還元

Amebaマンガでほむら先生はたぶんモテないを全巻安く見る

本記事の冒頭でも出てきた通り、今なら100冊まで半額キャンペーンが実行されているAmebaマンガの紹介です

是非、有効活用していきましょう!

Amebaマンガとは
Amebaマンガとは有名な株式会社サイバーエージェントグループの電子書籍のサイトです。

あの有名なAmebaブログと繋がっており、Ameba会員のうち5人中1人がサイトを活用しているとのことです。
読書のお時間です by Amebaというのをご存知でしょうか?そのサービスが元となっており2019年にAmebaマンガになりました。

Amebaマンガはキャンペーンやイベントが充実してる

Amebaマンガはとにかく激アツなキャンペーンがたくさんあるのが特徴です。他のサイトではありえないようなお得なこともあるので是非チェックしましょう!

 

Amebaマンガでは初回登録した方に方に100冊まで半額クーポンが実行されています!!

注意が必要なのがクーポンを1回しか使えないということです。なのでまとめ買いをする人には大変お得です。
まとめ買いをしなくても半額なのでお得ですが勿体ないのでなるべくまとめて買うようにしましょう!

前にも同じクーポンが出ていましたが急になくなってしまったので、今回も急にキャンペーン終了も可能性としてはあるので、登録するならお早めにしてみて下さいね。

 

Amebaマンガのお得なキャンペーンを試してみる

LINEに友達追加で毎週必ずもらえる10%offクーポンもあるので是非活用していきましょう。

最近ではマンガマラソンというようなイベントも開催しています。

これはマンガのシリーズを買えば買うほどポイントの倍率が2倍3倍4倍と増えていくという仕組みになっています。

この他にも毎月開催されているイベントや特典が盛りだくさんなのがAmebaマンガです。

Amebaマンガでは無料マンガも充実しています。

Amebaマンガまとめ

  • 初回登録の100冊半額クーポンがとにかく熱い
  • キャンペーンやイベントが満載
  • 無料マンガが充実している

ほむら先生はたぶんモテないのあらすじ

とある高校で生物教師をしているほむら先生。

若いので生徒からは「ほむらくん」と呼ばれています。

このほむら先生、いつもダルそうで、人の名前を覚えるのが苦手、体力はないし、若さもないし、デリカシーもない、Tシャツもダサいと、とにかく残念な所が多すぎる先生なのです。

そんなほむら先生のことが大好きな女子生徒の蓮見さん。

成績は優秀で、特にほむら先生の担当教科の生物では他の先生からほむら先生への評価を気にして満点を取ってしまうほど健気な女の子です。

蓮見さんは休憩時間や放課後など隙あらばほむら先生がいる生物準備室に通い、隙あらばほむら先生に告白し、だらしないほむら先生のお世話係をしています。

はじめは「物好きな奴だ」としか思っていなかったほむら先生も、毎日通ってくる蓮見さんにまんざらでもない様子です。

しかしほむら先生は女子高生に触ると警察に捕まる、教師を辞めさせられる、と怯えながら生きているため、関係が進展していくことはありません。

ただただ2人の日常を描いた、ゆる~い脱力系のラブコメディー漫画です。

2人の高校生活、卒業、その後…どうなっていくのでしょうか?

登場人物

【穂村 虎太郎(ほむらこたろう)】

生物の教師。喋るとき以外はいつもマスクをしている。

恐ろしいほどに体力がなく、4階までの階段の途中で力尽きているところを蓮見さんや同僚の先生に目撃されることがしばしばある。

人の名前を覚えるのが苦手で、生徒はもちろん、同僚の先生も付き合いが浅いと名前がすぐに出てこなかったりする。

学校内に迷い込んでいたカエルを捕まえ、生物準備室で飼っている。

「給料日前、食べるものに困ったときの為に飼っている」と言ってはいるがきちんと世話をして可愛がっている。

いつもたいていジャージに白衣。

発言には若さがなく、デリカシーもなく、Tシャツはダサい。

しかし、授業は丁寧に教えてくれるし、誰にでも優しい、校則に厳しい訳でもないので生徒からは人気が出るタイプ。だがモテないのはきっと残念な部分が多いせい。

【蓮見 れん(はすみれん)】

ほむら先生のことが大好きすぎる女子高生。

成績優秀で、特にほむら先生の担当教科である生物は学年1位を取り続けるほど。

誰にでも優しく、人当たりも良いが特定の仲良しな友達はいない様子。

早苗君と同じクラスになり、同じ学級委員になってからはよく2人で一緒にいる。

ちなみに学級委員に立候補したのは2年生になってからほむら先生が担任になったから。

優等生だがほむら先生が絡むと様子がおかしくなる事多々あり。

蓮見さんがほむら先生のことを好きなのは学校内のだいたいの人が知っていて、変わり者と思われている。

休憩時間や放課後はだいたいほむら先生がいる生物準備室に通っているが、ほむら先生は女子高生に怯えて生きているのでドアは開け放たれており、密室で2人きりというシチュエーションにはなれず。

いつも長い髪を緩めの三つ編みで一つにまとめており、ほむら先生からはエビフライみたいだと思われている。

【早苗 大和(さなえやまと)】

蓮見さんの同級生の男の子。

1年生の頃から学級委員長をしており、成績も優秀。

ほぼすべての教科で学年トップを取り続けていたが、生物だけは蓮見さんがいるので1位が取れずにいる。

2年生から蓮見さんと同じクラスになり、一緒に学級委員をすることになってから2人で過ごすことが増えた。

はじめは蓮見さんのことを「学級委員に立候補したのも面白半分で、仕事を自分に押し付けるに違いない」と思っていた。

しかし、一緒にいて蓮見さんの優しさや、真面目さ、ほむら先生に対する一途さを見ているうちに「ほむら先生を好きな蓮見さん」に惹かれていく。

基本的にしっかり者だが、冗談が通じないことも多く、やや頑固。

昔から家でも学校でも勉強ばかりで、それをからかわれたことをきっかけに、勉強している顔を隠すために髪を長くしている

【椿 すぐる(つばきすぐる)】

英語教師。

顔よし、スタイルよし、性格よしの校内一のモテ男。

生徒の質問や悩みに親身に相談に乗ってくれるので生徒人気も抜群。

学校にはいつも赤いスポーツカーで出勤してくる。

ほむら先生より年下だが、ほむら先生をおちょくるのが楽しく、校内で見かけるとついついちょっかいをかけるのでほむら先生から嫌がられている。

実はカエルみたいにとんでくるものが苦手で生物準備室には近づけない。

ほむら先生と蓮見さんの関係を温かい目で見守っている。

【よしお】

カエルのような生き物。

学校内に迷い込んで生徒たちにほうきで掃きだされようとしていたところをほむら先生が保護。そのまま生物準備室で飼われている。

日本語を理解でき、ほむら先生にいつ食べられるかとヒヤヒヤしながら生きている。

ほむら先生と蓮見さんのことをほほえましく見守っている。

見どころ

蓮見さんのほむら先生を思う一途さ

蓮見さんの世界はとにかくほむら先生を中心に動いています。

だらしない所を見ても、デリカシーのない発言を聞いても、一途にほむら先生を思い続けています。

いつもほむら先生の為に動き、ほむら先生のことを思っているのです。

優等生な蓮見さんが、ほむら先生の前では様子がおかしかったり、ポンコツだったりするところは最高に愛おしい!

早苗君の心の成長

蓮見さんと出会ってから早苗君はそれまでの彼と変わってゆきます。

出会う前の早苗君は毎日家でも学校でも勉強づけの毎日。

特に仲のいい友人もおらず、学校は「無駄に協調性を強いられながら勉強する場所」だと思っていました。

しかし、蓮見さんと出会ったことで友人を得て、同時に恋も覚えたり、クラスのみんなと協力して何かを成し遂げる達成感などを経験していきます。

元々しっかりしている子ですが、蓮見さんと出会い、いろいろな経験をし、少しずつ成長していきます。

早苗君が蓮見さんに見せる切ない優しさも読む人の心をキュンとさせてくれます。

ほむら先生と蓮見さん2人の関係

何といってもこれが中心の漫画なので、外せません!

蓮見さんはほむら先生のことが大好きです。高校生という若さもあり、毎日のように気持ちを伝え続けます。

しかしほむら先生は大人で、しかも教師です。その気持ちに応えることはもちろんできません。

しかもほむら先生は女子高生に触れると教師を辞めさせられると怯えているので、よくある少女漫画のように教師と生徒の恋的なものには発展していきません。

そんな中でも2人は信頼関係を築き、蓮見さんはほむら先生に「大好き」だけでなく「憧れ」も抱くようになりほむら先生のような教師になりたいという夢を持つようになります。

人生の一部分である高校3年間を2人はどのように過ごしていくのでしょうか?

ほむら先生はたぶんモテないの1巻ネタバレ

ほむら先生はたぶんモテないの最終回ネタバレ

感想

全5巻で完結する『ほむら先生はたぶんモテない』。

一途な蓮見さんがとにかくかわいい!

ダメな大人の見本のようなほむら先生がどこか憎めない。

恋愛要素もありつつ、ギャグ要素もしっかり含まれていてあっという間に読み進めていけます。

恋愛の部分もシリアスになりすぎず、先生と生徒という一線を決して踏み越えず、ゆる~く進んでいくのでどこか安心感を持って読めるのです。

最終巻には2人の関係の行く末も描かれていますので、気になる方はぜひ読んでみてください。