東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ33話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Revenge」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

32話のあらすじ

ナオトにドライブに連れ出してもらい、ヒナに誘われて公園を2人で歩きます。

すると、ヒナはここに思い出があるそうです。

「イブの日に好きな人とここに来た」と言われて、傷つくタケミチ。

その相手が忘れられないというのです。そして涙を溜めながら「なんで振られたの?」と、タケミチに教えてと言います。

以前はヒナに振られたタケミチですが、現在は自分がヒナを振ったことになっているのか!?

混乱したタケミチは、トイレに一度逃げます。

自分に喝を入れて、ヒナに告白をしようとトイレから出ると、スーツを着た半間とすれ違います。

ブツブツと「車に乗っていない」など言いながら去っていく半間に不安を覚えて、ヒナが待つ駐車場に向かうと、ヒナの乗る車に後ろから大きな車が突っ込んできます。

東京卍リベンジャーズ32話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ4巻33話ネタバレ

そんな・・・ヒナが車に乗っていたのに、半分くらい潰れてしまっていました。無事・・・だよね?

わざとぶつかってきた車。半間の指示でしょうか?

酷い・・・酷すぎる。何故ヒナとタケミチが狙われたのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

駆けつけろ!

ヒナが乗っていた車に、全力の乗用車が突っ込んでいくところを見たタケミチ。

慌てて駆けていきます。

名前を叫び、ヒナの元に行く途中、乗用車の中からタケミチを呼ぶ声がします。

慌てて振り返り、その声の主を見るタケミチ。

声の主は、血を吐きながら「なんでオマエが乗ってねぇんだ?」と言います。

その姿を見て「嘘だ・・・」と呟くとタケミチ。

出典  東京リベンジャーズ4巻 第33話

血まみれのアッくんが、運転席に座っていたのです。

何故ここにアッくんがいるのか分からないタケミチに「〝いつからこうなっちまったんだろう?オレは今や稀咲の兵隊だ。東卍の奴らはみんな稀咲の言いなり〟」と、以前キャバクラの屋上で言ったことと同じセリフを言い始めます。

美容師になったアッくんは東卍とは関係が無いはず。それなのに、どうしてとあの時のアッくんの姿を思い出し、困惑するタケミチ。

「〝怖ええんだよ、ただひたすら稀咲が〟」やめろと言っても、アッくんは話し続けます。

「〝みんなを助けてくれ。泣き虫のヒーロー〟」

前と同じセリフ、そしてアッくんは、自分と一緒に自ら命を断とうとしていた。

「同じじゃないか、何も変わっていない!変わったはずだろ!?」そう必死に叫ぶと、漏れたガソリンに火花が引火して、アッくんの乗った車は爆発してしまいます。

ヒナを救出する!

爆風で吹っ飛ばされるタケミチ。

燃え盛る車を見て、慌ててヒナの元に駆けつけます。

車の中を覗きながら、精一杯大きな声でヒナの名前を呼ぶと、ヒナの目が開きます。

生きている!!

「今絶対ぇ出してやるから!」そう叫ぶと、素手で車の窓ガラスを何度も殴って割ります。

割れた窓から手をさし伸ばして「火が回ってくる!!!早くココから出るぞ!!」と言いますが、ヒナはタケミチの名前を呼ぶだけです。

「ヒナ!喋ってる暇ないんだ、こっちも爆発しちまう!!」と、ヒナに動くように言うのですが、ヒナは「ありがとう」と言って、やはり動きません。

せかすタケミチに、ヒナは無理だと言うのです。「足の感覚がもうないの」そう言われて、ヒナの姿を確認すると、座席と潰れたダッシュボードに挟まれてお腹から出血をしていました。

その姿を見て、一瞬考えこんだ後。次の瞬間、武道は窓から体をねじ込んでヒナを抱きしめます。

驚くヒナ。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ4巻 第33話

「この先も、昔も、ずっとずっと愛してるっ!!」涙をボロボロと流しながら、タケミチ言われて、ヒナの目からも涙が溢れます。

「・・・嬉しい」そう言って、しばらくそのままタケミチに抱きしめられた後、もう行くように言います。

しかし、タケミチは「ヤダ」と離れません。

「お願い。大事な人にまで死んでほしくないの」そう言いますが、タケミチは「ヤダ」と言って離れません。

火が迫ってくる音がします。

ヒナは目を見開くと、思いっきりタケミチを突き飛ばします。

その衝撃で、車外に出るタケミチ。

顔を上げると、ヒナがタケミチの方を見て笑っています。

次の瞬間、激しい音と共に車が爆発します。

再び吹っ飛ばされるタケミチ。

その場で力の限り叫びます。

立ち上がると、燃え盛る車を見ながら「絶っ対ぇ助けるから、何度失敗しても何度でも何度でも、君が助かる未来にたどり着くまで、絶っ対ぇ折れねぇから」意志のこもった強い瞳で叫びます。

タケミチはその場を離れます。そして決めました。

出典  東京リベンジャーズ4巻 第33話

自分が東卍のトップになると。

東京卍リベンジャーズ34話ネタバレ

感想

そんな・・・半間に指示されていたのがアッくんだったなんて・・・

アッくんは、タケミチが車に乗っていることを知っていて、自分の運転する車で突っ込んでいた・・・そのことが、悲しくて仕方ありません。

そして、やっとヒナに想いを伝えられたのに。

それが別れなんて辛すぎます・・・。

あれほど苦労して2人の未来を変えたと思ったのに、また2人は死んでしまいました。

ナオトに相談したわけでなく、今度は自分の意思ですべての根源を断つため、東卍のトップに立つと言い切ったタケミチの覚悟を思うと、どれほど深く傷ついているかが伝わり苦しいです。

どうか・・・どうかこの負の連鎖が立ち切れます様に。そして、一体どうしてこんな未来になってしまうのでしょうか。早く知りたいです。