東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ49話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Grow apart」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

前回のあらすじ

タイムリープをして現代に戻り、1週間後の芭流覇羅と東京卍會との戦いで、場地を殺した一虎をマイキーが殺してしまったとドラケンは言います。

マイキーが人殺しをするはずがない!そう思うのに、その時の映像が頭の中に流れてきて混乱するタケミチ。

一虎を殺してしまったマイキーの悲しそうな顔を見て、「マイキーを助けないと」と、タケミチは泣くのです。

東京卍リベンジャーズ48話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ6巻49話ネタバレ

稀咲は1週間後の戦いで、マイキーが自分の手に落ちるよう罠を張っていました。

それを幸運にも、現在のドラケンから知ることが出来たタケミチ。

どうやって稀咲の罠からマイキーを救うのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

次のミッション

佐野万次郎が羽宮一虎を殺害したことが原因で、〝血のハロウィン〟抗争は東卍の敗北に終わった。

ナオトは状況を整理します。

マイキーが一虎を殺したのは、マイキーの親友である場地を一虎が殺してしまったから。

だったら、場地を助けることが出来れば、マイキーも過ちを犯さないはず!

同時に稀咲の思惑も阻止できる!

「場地圭介を守ること」を今回のミッションに決めたナオトとタケミチ。

ドラケンの時と言い、こういうことばかりだと下を向いて言うナオトに、タケミチは笑顔で「そろそろキメねぇとな!!」と言います。

それを聞いてナオトの表情は柔らかくなり、「大変なミッションのはずなのに簡単に言うタケミチは、実はすごい人なのかもですね!」と言います。

「頑張ってきてください!」と言うナオトに、「行ってくる」と言うと、しっかりと握手をします。

マイキーの為にも絶対に場地の事を守る!

出典  東京リベンジャーズ6巻 第49話

そう心に決めて過去に戻ると、目の前にヒナが居ました。

不意打ちのヒナの可愛さに、頬が染まるタケミチ。

どうやらヒナを家まで送っていたようです。

すると、ヒナは家からプレゼントを持ってタケミチの元に戻ります。

「コレ、渡したかったんだー」

今日はなんかの日だっけ?と不思議に思いながらも開けてみると、タケミチがヒナにプレゼントしたクローバーのネックレスが出てきます。

ヒナは真っ赤な顔をして「おそろいがいいじゃん?」と、自分のネックレスを見せながら言います。

それを聞いて、現在でヒナの母親が葬式でタケミチに言った言葉を思い出します。

ヒナは自分がプレゼントしたクローバーのネックレスを、いつも大事そうに身に着けてくれていました。

思わず涙があふれてきてしまいました。

それに、「泣くほど?」と驚くヒナ。

「ありがと、大事にする!」

どうにかしないといけないと、張りつめていたタケミチは、ヒナとの時間に救われます。

一虎とドラケン

高架下で、一虎はドラケンに呼び出されていました。

出典  東京リベンジャーズ6巻 第49話

ドラケンは一虎に「やめねぇか?こんな抗争」と言います。その言葉に、少し反応する一虎。

「オマエが勝とうが負けようが、オレは笑えねぇよ」と言い、ドラケンには一虎がマイキーを恨む理由が分からないと言います。

マイキーは一虎に有利になるように証言をしました。

そのおかげで、早く出てくることが出来た。

兄を殺されたマイキーがどんな思いで・・・その言葉を「ウッセェ」と切り捨てます。

「2年間。オレの大事な2年間。ずっと塀の中だよ。オレはもうあの頃の俺じゃねぇ」

冷たい表情で言う一虎に、ドラケンは「それでもオレはオマエの仲間だ!」と真剣な顔で言います。

一虎は黙ったままドラケンの横を通り過ぎると「そういうトコが気に入らねぇんだよ、明後日の決戦で東卍は潰す」と言います。

ドラケンは最後に「マイキーはこんな事望んでねぇぞ!」とだけ伝えるのです。

夜景が見える水辺に、マイキーは特攻服を着て愛機の横に立っています。

その後ろにはドラケンの姿が。

マイキーは、黙って自分の愛機を見つめます。

「もう、戻れねぇのかな・・・?兄貴ならどうすんだろ?」

そっとバイクに触れながら、問いかけます。

「さぁ?ソイツと語ってこいよ。気が済むまでさ」

出典  東京リベンジャーズ6巻 第49話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

ドラケンにそう言われて、マイキーは夜道を兄の形見のバイクで走ります。

マイキーの兄の墓参りをしている場地。

ビルの屋上から町を見下ろしている一虎。

各々の夜が更けていきます。

次の日。

学ラン姿のタケミチと、特攻服を着た松野は一緒に歩いています。

緊張した顔をして「いよいよだな!」と言います。

決戦は明日に迫っていました。

マイキーは、朝になっても愛機にまたがったままでした。

東京卍リベンジャーズ50話ネタバレ

感想

決戦が近づき、創立メンバーたちはお互いの想いを胸に秘めています。

特に親友と思っていた仲間に、最愛の兄を殺されたマイキーは、複雑な心境でしょう。

どうして、こんなことになってしまったのでしょうか・・・

一虎の壊れて歪んだ心は、他のメンバー達が理解することは難しいです。

そして、どれだけマイキーが苦しんでいるのかも、それはマイキーにしか分かりません。

見ている私も辛いです・・・。

どうか場地が殺されることを阻止して、それぞれが折り合いを付けられると良いのですが・・・。

ついに決戦は明日です。どうなるのか続きが気になります。