東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ77話ネタバレやあらすじ【ヒナとボーリング!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

76話のあらすじ

立場上、タケミチを逮捕するしかなかったナオト。

千冬が隠し撮りをしていた動画を見せて、なぜタケミチが捕まったのか、現在はどうなっているのかを教えてくれます。

今回アッくんにヒナを殺す命令を出していたのは、タケミチでした。

相手はヒナとは知らず、東卍にとって邪魔存在と教えられていたようです。

今回の世界では自分がヒナを殺したことを知り、タケミチの心は折れてしまいます。

それをナオトは抱きしめ、タケミチが頑張ったからこそ、変わった未来もあると訴えるのです。

東京卍リベンジャーズ76話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ9巻77話ネタバレ

2年前の同じ日にしか、戻ることが出来ないタケミチ。

場地が死なずに済むようにしたくとも、タケミチの能力では不可能です。

ヒナを助ける為に、あれ程辛い目に遭っても頑張って来たのに、助けるどころか今度は自分がヒナを殺してしまいました。

それでも、確かに救われている人も居るのです。タケミチは再び立ち上がることが出来るのでしょうか。気になる続きを書いていきたいと思います。

ナオトの推測

少し下を向きながら、タケミチはナオトに今回のタイムリープで自分は壱番隊の隊長になったと報告します。

東卍のトップに近付けたから、現代は少しは良くなっていると期待していた。

しかし、ヒナはまた殺された上に、ヒナを殺したのは自分だった。

ナオトは、そのタケミチの言葉を聞いて、自分の考えを話します。

あくまで推測だが、稀咲はわざとタケミチにヒナを殺させたのではないか?

こんなにタイムリープを繰り返しているのに、ヒナは全て東卍に殺されています。

それはおかしいとナオトは思うのです。

稀咲は明らかに、タケミチとヒナに執着している。

その考えを聞いて、タケミチは稀咲が自分を撃つ前に、泣きながら「オレの〝ヒーロー〟」と言っていたことを思い出し、心臓が大きくなります。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第77話

すると、2人が居る部屋の扉を、強くノックする音が聞こえてきます。

その音に、驚くタケミチ。

ナオトは「いろいろ対策を練りたいが、時間がない」と言います。

タケミチはこれから留置所に移送される予定で、移送されてしまうと警察官のナオトでもタケミチと会うのが難しくなってしまいます。

タケミチは息を呑み、行くなら今しかないと手を差し出すナオトのを手を見て、しばらく戸惑います。

しかし、「わかった」と言うと、「君と稀咲。2人ら何があったのか・・・それが姉の死の謎を解く鍵です」と言うナオトの手をしっかりと握るのです。

再びタイムリープ

タイムリープをしながら、タケミチは一虎と千冬に感謝をします。

2人が頑張ってくれたから、敵が分かりました。

〝元黒龍組〟と稀咲。

これを東卍から追い出して、ヒナとみんなを自分が救うんだ!

そう決意した目で過去に戻ると、目の前のボーリングのピンが全て倒れます。

キレイなフォームのタケミチと、その後ろにはヒナが居ます。

「ストライク!」と嬉しそうに叫ぶヒナ。

喜んでいるヒナの姿を見て、酷い現代を見てきた後のタケミチは、思わず泣きそうになってしまいます。

そんなタケミチの事を気にしながらも、ヒナは玉を両手で可愛らしく投げます。

ガーダーだとしょんぼりするヒナの姿を見ながら、この頃はボーリングにハマっていたなと懐かしみます。

マイグローブにマイシューズも用意していて、本気度が伝わります。

試しに指を動かしてみると、感覚は鈍っていないようです。

次はタケミチの番だと言われて、心を燃やして全身全霊で玉を投げます。

すると、そのタケミチと全く同じフォームを、隣のレーンの男もするのです。

同じグローブ、同じシューズ、結果も同じストライク。

無邪気に驚くヒナと、隣もストライクなことを驚くタケミチ。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第77話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

隣の少年も、揃ったことに驚き「息ピッタリだな!」と笑ってタケミチに声をかけます。

後ろで座っている長髪で美人な女性も、「ウケる」といって笑っています。

身長の高さに驚きながらも、どこか見たことがあるのです。

相手も、「どこかで見たことがあると思ったら、花垣タケミチか!」というのです、驚くと、隊長になっていい気になってない?とと言いながら、弐番隊副隊長、芝八戒だと自己紹介をしてくれます。

もう帰ろうと後ろの女性は言いますが、芝はレーンがオレを呼んでいると言って帰ろうとしません。

そこで、目の前の男が現在で会った、古参を馬鹿にしていた黒龍組だと気が付くのです。

心底驚いているタケミチを不思議に思いながらも、隊長からタケミチのことはよく聞いていると言います。

なぜ〝黒龍組〟が東卍の副隊長をしているんだ!?タケミチは訳が分からず驚くのです。

東京卍リベンジャーズ78話ネタバレ

感想

時間がないため、無理やり踏ん切りをつけて再びタイムリープをしたタケミチ。

自分を撃とうとした時の稀咲の態度と言い、ナオトが言うようにタケミチと稀咲は何か関係があるのかもしれません。

しかし、それについては全くヒントがありません。

細かな対策を練る時間が無かったタケミチは、今回のタイムリープでどう行動するのでしょうか?気になりますね。