東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ91話ネタバレやあらすじ【ヒナに殴られる武道】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

90話のあらすじ

タケミチはヒナと別れたあと、ヒナの父親と会いました。

タケミチのおかげで自分の仕事を毛嫌いしていたナオトが、警察官になりたいと言ったことの礼を言います。

タケミチと話して、本当にいい子だと言ってくれます。そして、頼みがあると言うと、別れてほしいというのです。

不良であるタケミチといることで、ヒナが何かに巻き込まれてしまうかもしれない。

タケミチは長い時間考えて、公園に現れたヒナに別れを切り出すのです。

東京卍リベンジャーズ90話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ11巻91話ネタバレ

タケミチからヒナに別れを切り出すわけがないと思っていましたが、それはヒナの父親が関係していたようです。

確かに、彼女と言うだけで酷い目に遭った少女も居ました。何度かヒヤッとする機会もありました。

タケミチがヒナの為に、別れようと思った気持ちは分かりますが、ヒナの為にここまで頑張ってきているタケミチと、タケミチのことを本当に好きなヒナの気持ちを思うと、受け入れにくいです。

タケミチからの別れを聞いて、ヒナはどうするのでしょうか?続きを書いていきたいと思います。

イブの日に別れる2人

この日を楽しみにしていたヒナは、別れようと言われて、立ちすくみます。

タケミチは、急にと思われるかもしれないけれど、前から考えていたと続けて言います。

他に好きな子が出来たと言います。

そして辛そうな顔をしながら、「ヒナを・・・もう好きじゃない」と言います。

次の瞬間、ヒナの傘が宙を舞い、タケミチの頬を殴るのです。

続けて、グーで反対の頬を殴ります。

思わず雪の中に背中から倒れるタケミチ。

ヒナは更にその上に馬乗りになると、バカバカと言いながらグーで殴り続けるのです。

その瞳からは、涙がとめどなく流れていて、口は今まで見たことが無い程きつく結んでいます。

出典  東京リベンジャーズ10巻 第91話

その表所に気が付き、止めようとしていたタケミチは動きを止めます。

「だいっきらい」と叫んで最後の一撃を入れると、黙ったまま立ち上がり、傘を差さずに歩いて帰るのです。

タケミチは、振り続けている雪を見ながら、これでいいと思います。

ヒナの父親から、「娘を巻き込まないと言い切れるか?」と問われた。

自分と稀咲とヒナの間に、なにか因縁があるかもしれない。

現代でヒナの母親に、「あの子は、あなたの事が大好きだったのね」と言われたことを思い出します。

現代のヒナが、ここで振られたと言っていた。それはこんな理由があったのです。

なんどもこれで良いんだと、自分に言い聞かせるようにタケミチは思います。

ヒナが今までに自分に言ってくれた言葉を、1つずつ思い出します。

自分のことを何でも知りたいと言ってくれた。

タケミチのことを守ってくれるといった。

これでいいと自分に言います。

こんなかっこいいヤツ、他に居ないと言ってくれた。

きっと成功すると言ってくれた。

自分に向けてくれた笑顔やしぐさを思い出します。

雪は降り続けています。

その中で、タケミチは瞳一杯に涙をためて、唇をかんで「どうしよう、大好きだ」と震えた声で言うのです。

出典  東京リベンジャーズ10巻 第91話

みんなと合流する タケミチ

遅れたことを詫びながら、みんなと合流するタケミチ。

半間は、決戦は明日だというのに、たるみ過ぎじゃないかと文句を言います。

千冬は少し驚いた顔をして、目が3の形になるまで腫れているタケミチの顔を気にするのです。

半間は「ブサイクに磨きがかかった」と言いますが、稀咲は黙っています。

から笑いをするタケミチに、千冬は思うことがあるようですが、何も言いません。

明日の場所はある教会です。

大寿は、人のいない深夜に礼拝に行くというのです。

「八戒が襲うとしたら、ここしかない」そう稀咲は自分が仕入れた情報を話します。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ10巻 第91話

稀咲達が礼拝堂の外で大寿を待ち、タケミチには先に教会の中にいる八戒の説得を頼まれます。

その言葉に驚くタケミチ。

八戒を止めるのは、この中ではタケミチが一番良いというのです。

2人が顔を合わせる前に、他の3人で大寿をやるという作戦です。

黙って下を向いているタケミチの背中を叩いて、千冬は明日の作戦はほぼ決まったと言います。

「何があったかは知らないけれど、それを明日に全部ぶつけてやれ!!」そう言って、タケミチの肩を抱くのです。

タケミチの目に、再び火がともります。

今後こそ、ヒナの。

今の君の未来を守ってみせると誓うのです。

東京卍リベンジャーズ92話ネタバレ

感想

ヒナの父の言葉はきっかけでしたが、タケミチはしっかりと考えてヒナと別れることを決めました。

ただただ、ヒナの為を思って。

しかし、ヒナの事が好きすぎて、目が腫れるまで哭くタケミチの、深い思いに胸が打たれました。

このまま、以前の現代と同じように2人の道は分かれてしまうのでしょうか。

それはとても寂しいです。

どうにかならないのでしょうか?八戒の事も気になりますが、ヒナの事もとても気になります。