東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ73話ネタバレやあらすじ【千冬が稀咲に撃たれる!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

72話のあらすじ

稀咲に呼ばれて最近作ったという店に行くと、稀咲は12年前の場地の事を話し始めます。

そして、自分が〝血のハロウィン〟を仕組んだと告白します。

本当に悪かったと謝罪する稀咲。

これからも自分の事を恨んでくれと言い、今日だけは一緒に酒を飲もうと言います。

3人で酒を飲みながら談笑をすると、最後にと稀咲は話だし「さっき言ったことは嘘だ」と、悪い顔をして言うのです。

次の瞬間、意識が遠のくタケミチ。

気が付くと、椅子に縛られていたのです。

東京卍リベンジャーズ72話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ9巻73話ネタバレ

稀咲は場地の事を謝る為ではなく、再び何かを企んでいたようです。

すでに東京卍會の総長代理という位置に居ると言うのに、一体何をしようとしているのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

血だらけの千冬

椅子に自分が縛られていることに気が付き、驚くタケミチ。

一体どうなっているのかと焦りますが、分かりません。

自分の名前を呼ばれて、横を向くと血だらけの千冬が居ます。

酷いケガをしている千冬のことを、心配するタケミチ。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第73話

そんなタケミチに、随分と寝たなぁと稀咲は悪い笑みを浮かべて言うのです。

稀咲の姿を見て、自分が睡眠薬を盛られていたことに気が付きます。

12年前のことを未だ忘れず、自分に噛みついてくる千冬の事を、稀咲は忌々しく思っていたようです。

「場地の復讐か?」と言って、千冬の腹を思いっきり蹴るのです。

苦しそうな千冬。

タケミチは稀咲を止めようとしますが、いい加減に口を割れと更に膝で顔を蹴るのです。

「東卍の裏切ったのはてめえらだろ!?」と、悪態をつきながら何度も蹴り続けるのです。

「しょうもないことを警察にチクりやがって」

そう言われて、千冬は「あれは警察の暴走だ!オレの目的は、稀咲を東卍から追い出すことだ」と叫ぶのです。

場地の件から、ずっと自分に突っかかってきている千冬の事を、面倒に思う稀咲。

「今の東卍は腐ってる。オレはそれを変えたいだけだ」と、自分の意思をハッキリと伝えるのです。

稀咲の言う通り、裏切者のユダは自分だ。タケミチは関係ないと、苦しそうに息をしながら千冬は続けて言うのです。

千冬は12年前から今まで、ずっと1人で場地の仇を撃とうとしていたことを、タケミチは知り、緊張からどんどん息が荒くなっていきます。

稀咲は手下に声をかけます。

すると、稀咲の元に銃を持ってきます。

撃たれるタケミチ

関係あるかどうかは、自分が決めることだというと、銃を手に持ってタケミチの方を見ます。

「さっきから何自分は関係ありませんって顔をしてるんだと」言われて、タケミチは困ります。

無言でタケミチの方に銃口を向けると、顔色を変えずにタケミチの足を打ち抜くのです。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第73話

あまりの痛さに、叫ぶタケミチ。

千冬はタケミチは関係ない、何も知らないんだと焦ります。

うっとおしそうに乱れた髪をかき上げながら、うるさいと稀咲は言います。

歯を食いしばり、憎しみのこもった目で稀咲を見ると「異常者め・・・」と千冬は言うのです。

叫び続けているタケミチの横で、今度は千冬に銃口を向けます。

「言い残した事はあるか?」

と言われて、白目をむいて叫び続けているタケミチの名を大声で叫びます。

大きな声でビクッとなったタケミチは、正気を取り戻します。

「最後の言葉を聞け」とタケミチに言うと、この12年いろいろとあったと話し出します。

マイキーは姿を消し、ドラケンは死刑に。

いつの間にか汚いことにも手を染めた。自分たちは間違いもいっぱい犯した。

「でも、根っこは変わらないはずだ!」そう叫ぶのです。

「場地さんの想いを、東卍を頼むぞ。相棒」

出典  東京リベンジャーズ9巻 第73話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

血だらけの顔で、涙を流しながらタケミチをまっすぐに見て言うのです。

次の瞬間、千冬の頭を吹っ飛ばす稀咲。

タケミチの瞳からも、涙が溢れます。

千冬の名前を呼びますが、頭から大量の血を流して地面に寝転がっているのです。

これは悪い夢だ。

ウソだ。

こんな簡単に千冬が死んでしまうはずがない。

気が動転したまま、タケミチは思います。

返り血を浴びながら、笑顔で「東卍の事を頼まれて、気分はどうだ?」稀咲は問います。

すぐにお前もいかせてやるから、安心しろと次はタケミチに銃口を向けるのです。

しかし、稀咲は今度はすぐには撃たず、タケミチに顔を近づけると、目を見開いて「なんだお前は?最後の顔はそれか?そんなモンなのか!!?」と、青筋を立てながら怒鳴りだすのです。

しばらく黙った後、残念だと言うと、稀咲が涙を流しながら「じゃあな・・・オレの〝ヒーロー〟」と言うのです。

東京卍リベンジャーズ74話ネタバレ

感想

稀咲が・・・あの稀咲が泣いている!?

なぜ稀咲がタケミチのことをオレのヒーローと呼ぶのでしょうか?一気に分からなくなってしまいました。

まさかのユダは千冬でした。

12年経っても場地の為に動いていた千冬。本当に場地のことが大切だったんですね。

タケミチも稀咲に撃たれてしまうのでしょうか?早く続きが知りたいです!