東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ64話ネタバレやあらすじ【一虎逮捕!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

63話のあらすじ

一虎が黒龍と揉めていることを知ったマイキーは、黒龍とやり合おうとします。

その為に場地は、自分たちもチームを作ろうと提案するのです。

みんなその意見に賛成します。

誰かが傷ついていたら、みんなで守る。1人1人がみんなを守るチームにしたいと言うのです。

そのことを思い出し、涙を流す創立メンバー達。

マイキーは場地に向かって謝ります。

東京卍リベンジャーズ63話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ8巻64話ネタバレ

記念のお守りを、2年経った今も場地は持ち続けていたのです。

マイキーを中心にチームを作ろうと言い出したのは、場地でした。場地にとってどれだけ東京卍會と創立メンバー達を大切にしていたのかを思い出し、マイキーの心は動かされます。

このまま事態は良い方に収まるのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

残ってケジメをつける一虎

遠くからパトカーのサイレンの音が近づいてきます。

それを聞いて、慌てだす東卍のメンバー達。

ギャラリー達も、急いで解散していきます。

しかし、一虎だけは場地と残るというのです。

皆にはその場から去るように言います。

「自分で起こしたことだから、きちんとケジメをつけたい」

地面を見ながらそう言う一虎に、マイキーは背中を見せると「わかった」と言い歩き始めるのです。

それを見たドラケンも、メンバー達に解散するように指示します。

ふと、マイキーの名を呼ぶ一虎。

鈴を流しながら、今までとは違うしっかりとした瞳で顔を上げます。

「許してなんて言えない。真一郎君の事も、場地の事も、一生背負って生きていく」

そう言われても、マイキーは立ち止まるだけで振り返らず無言のままです。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第64話

しかし、一虎はマイキーに向かって両手を後ろに組んで深く頭を下げるのです。

みんな瞳に涙を溜めながら、黙ってその場を去るのです。

サイレンの音は次第に近づいてきます。

その場には目を閉じて寝ている場地と、その側で涙を流して座っている一虎の姿しかありません。

警官は走ってくると、一虎を拘束し場地を担架で運ぶのです。

2005年10月31日東京卍會と芭流覇羅の類を見ない大抗争は、東京卍會の勝利で終わりました。

そして、死者1名。逮捕者1名を出す、悲惨な結果となったのです。

この抗争は、後に〝血のハロウィン〟と呼ばれるようになりました。

墓参りとその後

2週間後、場地家の墓の前で、千冬は線香の束に火をつけて供えます。

両手を合わせて、墓に参っている顔には、場地に殴られて眼帯をしていたテープが無くなっています。

場地と初めて会った時のことを思い出す千冬。

あの時も返り血を浴びながら、「ペヤング好き?」と笑っていました。

「約束通り買ってきましたよ」と半分になっているペヤングと割りばしを供えます。

言われた通り、半分コ。

下を向き、必死に頃得ようとしますが、千冬の目からは涙が大量にこぼれ落ちます。

「〝ありがとう〟なんて・・・ずるいよ・・・」と子供のように泣くと、自分はこれからどうしたらいいのかと墓に問うのです。

東京少年鑑別所に、ドラケンとタケミチは一虎に会う為に行っていました。

「懲役10年は覚悟しろ」と言われたと言った和人には、短いくらいだと言います。

その表情は、今までのどこか異常なものではなく、憑き物が落ちたようでした。

「もう逃げずに向き合わないといけない。そうアイツが教えてくれた。今度こそちゃんと更生するつもりだ」と穏やかな表情で言うのです。

それを黙って聞く2人。

そして、ドラケンは「死ぬなよ、一虎」と言うのです。

その言葉に驚く一虎。

「なんで・・・」と、思わず言います。

「お前の考えてる事なんて分かる。自殺して詫びようなんて許さないからな」とドラケンに言われて、一虎は考え込みます。

他にどうしたらいいか、分からないのです。

そう言って目線を泳がせる一虎に、マイキーからの伝言だとドラケンは言います。

思わず息を呑むタケミチと、不安そうな一虎。

「〝これからも一虎は東卍の一員だ〟」

その言葉に、一虎は大きく目を開きます。

両手を合わせて、場地の墓に1人で居るマイキー。

墓に向かって「これでいいよな?場地・・・」そう語りかけるのです。

開かれた瞳は、以前のような優しいもので、口元は微笑んでいます。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ8巻 第64話

「〝オマエを許す〟」

マイキーからの伝言に、一虎は唇をかみしめて涙を瞳にためるのです。

2人が帰ったあとも、一虎は下を向いて椅子に座り続けています。

冬が近づいて寒い中、ドラケンとタケミチは帰っていきます。

空を見上げて、一虎に元気でとエールを送るタケミチ。

すると、ドラケンがタケミチにもマイキーから伝言があったと思い出すのです。

東京卍リベンジャーズ65話ネタバレ

感想

どうしても一虎のことを許すことが出来なかったマイキー。

場地の想いを受けて、やっと気持ちに折り合いをつけ、一虎を許すことが出来ました。

誰かを恨んだり憎み続けるということは、辛いものです。

マイキーはやっと、過去を断ち切って、その想いを捨てることが出来たんですね。

場地が死んでしまったことが・・・悲しくて残念でしょうがありません・・・。

彼も生きていてくれたら・・・。その思いは消えません・・・。

しかし、みんなは前を向いています。このまま少しでも明るい未来へと進んでくれることを祈ります。

それにしても、マイキーからタケミチへの伝言とはなんなのでしょうか?とても気になりますね。