東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ63話ネタバレやあらすじ【東卍は場地が創った!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

62話のあらすじ

タケミチは場地の想いを引き継ぎ、マイキーと一虎の間に入り止めようとするのですが、マイキーは容赦なくタケミチを殴ります。

しかし、タケミチの学ランから落ちたお守りを見て、動きを止めるのです。

それは創立メンバー達にとって、思い出のあるお守りだったようです。

東京卍リベンジャーズ62話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ8巻63話ネタバレ

みんなが動くことができない中、タケミチは2人の間に割って入り止めようとします。

その想いは、マイキーには届きませんでした。

しかし、地面に落ちたお守りに気が付いたマイキーは、その瞳に光が戻りだすのです。

一体このお守りは創立メンバー達にとって、どんな思い出があるのでしょうか?これをきっかけに、マイキーは堕ちずに元に戻ることが出来るのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

2年前の思い出

今から2年前の6月。

マイキーはみんなに声をかけて集めていました。

場地のバイクの後ろにマイキーは乗っています。

新しい中学はどうだとマイキーは場地に聞くと、暇だと場地は言います。

「気合入った奴が居ない」と愚痴をこぼすのです。

自分と同じ中学だったら、暇なんてさせないのにとマイキーは笑います。

そして、場地の単車を褒めます。

場地の愛機のGSX250Eは、壊れて捨ててあったのを自分で地道に直したものだそうです。

手間暇をかけた分、場地にとってはこの愛機が東京一なのです。

それを聞きつけたドラケンは、自分の愛機のゼファーは日本一だとあり合います。

更にその横に、バイクでやって来た三ツ谷。自分の愛機こそが世界一だというのです。

もちろん次にやって来た一虎も黙ってはいられません。重力圏で争うな。自分のケッチは宇宙一だと大きな排気音を出して言うのです。

それを聞いていたマイキーは、瞼が重くなってきてしまいます。

みんなは言い合いを始めます。

すると、パー珍が颯爽と現れ

出典  東京リベンジャーズ8巻 第63話

「自分はバカだから世界とか宇宙とか分からないけれど、くだらないこと言ってないで武蔵神社まで競争な?」

そう言われて、負けず嫌いな彼らは、競争を始めるのです。

しかし場地だけは、落ちそうになるマイキーを必死に支えて走ることになるのです。

眠ったマイキーを背負ったまま、場地は息を切らして長い神社の階段を上っていきます。

やっと着いた場地に向かって、遅い。ビリ。とみんなは境内で遊びながら場地に言うのです。

言い訳をする場地を見苦しいと言っていると、マイキーが目を覚まします。

ドラケンは「皆に話ってなんだよ?」とマイキーに聞くのです。

東京卍會が出来る瞬間

マイキーは皆に「黒龍(ブラックドラゴン)って暴走族知ってる?」と聞きます。

その名前に反応をする一虎。

ドラケンは「自分たちの3こ上で、メチャクチャひどい奴等だってうわさは聞いている」と答えると、マイキーも肯定します。

そして、「なんで相談しないんだ」と一虎に向かって言うのです。

一虎が黒龍とやり合っていることを、場地から聞いたマイキーは、みんなを集めたのです。

一虎の地元は黒龍の縄張りでした。

そのことを知らなかったメンバーたちは、マイキーに「黒龍とやるつもりなのか」と聞きます。

そうだと言うと、マイキーは立ち上がり「黒龍はでかい族たせ。やるからには大義名分が欲しい!」と言うのです。

それに首をかしげる一虎。

場地は自分にいい考えがあると言います。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第63話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

自分たちで暴走族を作ろうと提案するのです。

それにドラケンは、面白そうと乗ります。

場地は既にそれぞれのポジションも決めてあるんだと言います。

その言葉を聞いて、胸が鳴る一虎。しかし、そんな簡単に決めていいのかなと不安がります。

すると、チーム名ももう決めたとマイキーは頭の後ろに手を組んで言うのです。

「東京万次郎會だ」そう言われて、みんなはダサイと酷い顔をします。

ドラケンは「名前はともかく、賛成だ」と笑って言います。

三ツ谷も、チームがあれば6人で喧嘩ある意味があるし、いいのではと賛同します。名前はともかくと付けくわえて。

パーちんも笑って、チームを組むことにドキドキしていますが、名前はともかくというので、みんなに自分の考えた名前を否定されて、マイキーは傷ついて怒ります。

しかし、場地に「これで決まりだ。自分たちの全てをマイキーに預ける。時代を創れ」と言われて、笑顔で返事をするのです。

そして、場地にどんなチームにしたいと問います。

少し考えた場地は「1人1人がみんなの為に命を張れる、そんなチームにしたいというのです」それを聞いて、みんなはとても良い顔をします。

そして、その記念にみんなでお守りを買うことになったのです。

それが、このお守りでした。

話を聞いて、再び涙を流すタケミチ。

「東卍を創ったのはオレではなく場地だ」と、マイキーは言います。

〝誰かが傷ついたらみんなで守る。1人1人がみんなを守るチームにしたい〟

そうやってできたチームだったことを思い出し、マイキーの口元はほころび、瞳に涙が溢れます。

残った創立メンバー達も、涙を流すのです。

その約束を守る為に、場地は1人で戦ってたことを千冬とタケミチは知りました。

横になって瞳を閉じている場地に、マイキーは涙を流しながら謝るのです。

感想

東京卍會が作られた理由と目的が分かりました。

このチームには、場地の想いが詰まっていたのです。だから、場地にとって東京卍會は特別だったのです。

お守りからそのことを思い出したマイキーは、以前のような表情に戻りました。

場地の想いが、マイキーを元に戻すことが出来たのです。私の涙腺も崩壊しました。

なんて温かくて良いチームなのでしょうか。

そして、そのチームを作ったのは、場地だったのです。このまま明るい未来に向いて進んでくれればいいのですが。続きが楽しみです!