東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ7話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Rejoin」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

6話のあらすじ

ヒナに勉強を見てあげると言われて、初めて女の子に部屋に上がるタケミチ。

ヒナから弟を不良から助けたことを感謝され「最近変わったね」と言われて焦ります。

どの辺が?と聞いてみると、「大人っぽくなってすごい年上の人と話している気分」と言われ更に冷や汗をかきます。

すると花火が上がる音が聞こえ、2人は屋上に上がります。

他にもたくさんの人がいる中、タケミチは幸せを噛みしめヒナのいない未来に戻りたくないと思います。

頬を染めながら思い切ってヒナの手を握ると、それはいつの間にか屋上に来ていたナオトの手だと気づき、絶叫と同時に現代に戻ってしまいます。

無事タイムリープをして戻ってきたタケミチに喜ぶナオト。

これから2人はどうするのでしょうか。

東京卍リベンジャーズ6話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ2巻7話ネタバレ

抜けているのタケミチに、ほんわかしたしたのも束の間。

いきなり現代に戻りました。

改めてナオト、イケメンですね。ヤンキーばかり見ていたので新鮮です。

ナオトの仮説通りにタイムリープをして帰ってきたタケミチ。

この能力が立証されて2人がどういう行動に出るのか、とても興味があります。それでは7話を書いていきたいと思います。

作戦会議

二度目のタイムリープをしたことで、タケミチが過去に戻っている間の体は〝仮死状態〟で抜け殻のようになることが分かりました。

タイムリープの能力は〝12年前の同じ日に戻る〟こと、そして1週間過去に居ると戻った時現在も1週間経っている。

過去に戻っている間は意識は過去に言っているため〝空の器〟だけが現在に残ることが分かりました。

タケミチの安全の為に、タイムリープはナオトの部屋ですることに決めます。

ナオトは、過去でタケミチが無事に〝佐野〟と〝稀咲〟を会えなくすることに成功したのかと聞きます。

マイキーとは会えたこと、そしてマイキーは不良だけれどいい奴だと伝えるとナオトから「は!?なんで殺さなかったんですか?」と、真顔で言われて引きます。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第7話

姉を殺した奴が良い奴なはずがない、マイキーは今あらゆる犯罪に手を染めて、警察でも手に負えない男になっている。出来ることなら、自分がこの手で殺してやりたいとナオトは力説します。

それを聞き、タケミチは現在のマイキーに会って直接話を聞くと言い出します。

マイキーは信用できる人間だ。なぜ〝東卍〟が変わってしまったのか、マイキー君の本心を聞きたい。また過去に行く前に確かめておきたいとナオトを説得します。

真っすぐ自分を見て話すタケミチを見て、ナオトはタケミチに弱弱しさがなくなって変わったと言います。そして、タケミチがマイキーに会えるよう協力してくれることになりました。

現代のマイキーと会うため友に会う

ナオトの協力を得ても、マイキーは恐ろしい程に慎重で警察でもシッポを掴むことが出来ません。

調べるナオトを手伝っていると、アッくんの写真を見つけます。

ナオトの記憶では、アッ君は16歳の時に東卍の〝清水将貴〟を刺して捕まり、出所後は末端のチンピラだったはずなのですが、現在は幹部になっています。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第7話

タケミチが過去を変えたから現在が変わっていることに気が付きます。

幹部となった〝千堂敦〟の力を借りれば、マイキーに会えるのではないか。

2人は、まずアッくんに会うことにします。

アッくんの昔の連絡先を調べるために、2人はタケミチの住んでいる部屋に行きます。

想像以上に汚くて臭い部屋に、涙目になるナオト。

なんとか連絡先を書いたノートを見つけ出し、昔のアッくんの携帯に電話をかけます。

アッくんとの思い出と再会

電話をかけながら、タケミチは昔を思い出します。

卒業して皆違う道を進んで全く会わなくなったら、どんな話をするんだろうと言うタケミチに、アッくんは笑いながら「バーカ、変わんねーよ。ずっと友達だ」と言います。

電話で呼び出された場所は、アッくんが経営しているキャバクラでした。

ナオトは心配しますが「友情っていうのはそう変わらないんだよ」とにこやかに店内に入るタケミチ。

しかし、いざ店内に入ると緊張して手が震えます。

どんなに身分が違ったって、どんなに偉くなってもアッくんはアッくんさ!と自分に言い聞かせます。

後ろから声をかけられ振り向くと、そこには短髪で頬がこけた千堂敦がいました。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ2巻 第7話

記憶と違う姿に、タケミチは戸惑います。

「もっと早く声をかけようと思ったんだけどさ、懐かしくてつい」とほほ笑む姿に、見た目は違うけれどアッくんだと安心します。

まだ何も言っていないのに「マイキーさんに会いてぇんだろ?」と来た目的を話すアッくん。

そして「オマエが来るのをずっと待ってたんだ」と言います。

東京卍リベンジャーズ8話ネタバレ

感想

武道は大丈夫って言っているけど、本当に大丈夫なの!?

あれほど爽やかなイケメンだったのに、今は明らかに疲れ果てているアッくんを見ると、嫌な予感がします。

そして、同じ武道なのに、どうしてこんなに現代の武道は信用がなくなってしまうのか。

全く頼れません。安心できません。

いったいアッくんに何があったのでしょうか・・・続きが気になります。