東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ31話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Recognize」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

30話のあらすじ

12年前のヒナに会うのは、最後になる。何か形を残したいと、クローバーのネックレスを贈るタケミチ。

そして、ナオトと握手をして現在に戻ります。

目の前にはバイト先の店長。いつものように仕事をしている自分がそこに居ました。

スマホで検索してもヒナが事故に遭ったという記事はありません。

全部夢だったのだろうか?そう思いましたが、自分の掌にあるキヨマサに刺された傷跡を見て、夢ではなかったと気が付き、ナオトを探します。

ナオトの電話番号も消えていて困っていると、スマホにスケジュールが通知されます。

とりあえずそこに向かうと、美容師のアシスタントをしているアッくんが居ました。

約束通り、初めての客になってくれと言われて、自分と交わした約束を思い出し泣くタケミチ。

そこに、知らない番号から電話が入ります。相手はナオトで未来が変わったことを喜んでいます。そして、「姉に会いに行きましょう」と言うのです。

東京卍リベンジャーズ30話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ4巻31話ネタバレ

タケミチやりました!今度こそヒナが事故に巻き込まれる事もなく、アッくんの自殺も防ぐことが出来ました!

昔と変わらないアッくんの姿に、私も嬉しいです!

ついに、現在のヒナと対面することになったタケミチ。

彼女は一体どんな女性になったのでしょうか。絶対に美人になっているはずです。気になる続きを書いていきたいと思います。

緊張するタケミチ

はじめてテレビでヒナの死を知ったあの時。ただテレビを観ていることしかできなかった。

だけど今は、ヒナに会える。ヒナが生きているんだ!

出典  東京リベンジャーズ4巻 第31話

ナオトの車に乗って、タケミチはヒナの元へ向かいます。

ナオトは運転をしながら、調べてみたら抗争自体が無く、姉が死んだ事件も無くなっていたと伝えます。

「まさかタケミチ君が成功するとはなぁ」髪をかき上げて言うナオトを、訝しむタケミチ。

爽やかな笑顔で「だって、タケミチ君クズじゃないですか?」と言います。

「喧嘩売ってるのか」と拳を握りますが、「姉さんに会えるんだからいいじゃないですか」笑ってかわされてしまいます。

ヒナに会えるなんて夢みたいだ。タケミチは緊張して鼓動が早くなります。

ヒナの家に着き、つばを飲み込みながら、大きなマンションを見上げるタケミチ。

現実を思い知る

「変わってるのかなーヒナ」というタケミチに「当たり前じゃないですか。君と別れてから12年経ってるんですよ。立派な大人です」とナオトに言われて、戸惑うタケミチ。

立派な大人?

それに気が付かず、「今は小学校の教師をしているみたいです」と、ナオトは続けて言います。

それを聞いて、自分はヒナに再会をしたら、ヒナが玄関から飛び出てきて自分に抱き着いてきてくれると、どこかで思っていました。

しかし、それは勘違いだったことに気が付きます。

ヒナと会っても、そんな風になるワケがない・・・

出典  東京リベンジャーズ4巻 第31話

すっかり気落ちしてしまったタケミチは、やっぱり会うのをやめると言うのです。

急にそんなことを言い出したタケミチに、驚くナオト。

よく考えたら、ヒナの命は救ったけれど、でもそのことをヒナは知らない。

ナオトは弟だから会えるけれど、自分は赤の他人だからとぎこちなく笑うと、来た道を戻ります。

「幸せになっていてくれれば、それでいいんだ」そう肩を落としながら言われて、ナオトは何も言えません。

ヒナとの再会

12年という月日。

12年前のオトコの顔なんて、ふつう覚えていないよと苦笑いをしながらも、思わず壁を殴るタケミチ。

何やってんだオレ・・・

あんなに頑張ったのに、何も変わってねぇじゃん。

26歳童貞フリーターのままじゃん。

そんな状態で、ヒナに会えるわけがない。悔しくて拳を握り締めます。

現代を変えたのに、どうして自分だけ変わっていないんだ。

タイムリープしてわかった。結局オレは根がダメなんだ。諦めた顔で、元の生活に戻ろうと下を向いてマンションから出ます。

すると、扉の所で女性と鉢合わせをして、ぶつかりそうになります。

その避けようとする姿に、既視感を感じるタケミチ。

幻覚か?中学生の時のヒナの姿と被ります。

「タケミチ君?」そう呼ばれて、思わず涙が出ます。

違う。

走馬灯のように、タイムリープした時に、ヒナが自分に言ってくれた言葉が頭の中を駆け巡ります。

出典  東京リベンジャーズ4巻 第31話

ボロボロと涙があふれてくるけれど、ヒナから目をそらせないタケミチ。

ヒナは「なんかあったの?」と心配します。

必死に涙をぬぐって、「なんでもない」と言いますが、止まりません。

あの頃と変わらない目をした君がいる。

それだけで、涙があふれてくるのです。

出典  東京リベンジャーズ4巻 第31話

そんなタケミチを見ながら、「タケミチ君はいつも急に来るね」と微笑むヒナは、中学生の時より髪が伸び、バラの柄が入ったノースリーブのワンピースを着て、タケミチが送ったクローバーのネックレスをしているのです。

東京卍リベンジャーズ32話ネタバレ

感想

ヒナ!良かった!本当に無事です。

大人になっても、可愛らしいままのヒナが居ました!

元気そうなヒナを見て、どこかでまたどんでん返しが・・・なんて不安に思っていた分、ホッとしました。

現在を変えることはできたのに、自分は変わらずただのフリーターのまま。私でも会うのをためらうと思います。

でも、偶然でも再開することが出来て、本当に良かった!

そして、未だにタケミチから贈られたネックレスを身に着けているヒナ。これは脈ありなんじゃないでしょうか?大人になった二人は、どんな話をするのでしょうか。楽しみです。