東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ39話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「My buddy」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

38話のあらすじ

任命式をぶち壊したことで、幹部達から詰め寄られるタケミチ。

しかし、横から急に現れた少年が、タケミチを殴り始めます。

彼は壱番隊隊長、場地圭介でした。

慌てて止めに入る三ツ谷。

内輪揉めで集会が出禁になっていたはずなのに、いきなり現れてタケミチを殴った彼は、「芭流覇羅に行き、東卍の敵になる」と、マイキーに言い去っていきます。

場が静まった中、稀咲はタケミチの所にやってきて、不意を突いてタケミチを力いっぱい殴ります。

意識を失うタケミチ。

目を覚ますと、マイキーが横に座っていて、タケミチに頼みがあると言うのです。

東京卍リベンジャーズ38話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ5巻39話ネタバレ

ドラケンの件では、タケミチの事を怪しいと思いつつ深く追求せず、東卍の命ともいえる自分の特攻服を託したマイキー。

しかし、タケミチは任命式を台無しにしてしまいました。

そんな彼に、マイキーはどんな頼みをするのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

マイキーの幼なじみ

タケミチに大事な話があると言うマイキー。それは自分の幼なじみのことでした。

マイキーの幼なじみと聞いて、ヤベー奴なんだろうなと感じるタケミチ。

ただ家が近所なだけで、別に仲が良かったわけではなかった。

しょっちゅう喧嘩ふっかけてくるから、その度にボコボコにしてやったと、笑って言いますが、タケミチは「マイキーに何度も喧嘩を売るなんて・・・とんだおバカさんなんですね」と返します。

「うん。それがさっき、オマエの事殴った奴」

そう言われても、タケミチは2人から殴られていたので、どちらかと尋ねます。

壱番隊隊長、場地圭介だと言うと、真剣な顔になるタケミチ。

「何考えてっか、わかんねーだろ?アイツ」と言われて、素直に同意して「なんで殴られたのかもわかんないっス」と、答えるタケミチ。

彼は昔からそうなのだとマイキーは言います。

眠いってだけで、すれ違った奴を殴る。

腹が減ったら、車にガソリン撒いて火付ける。

エピソードを聞いて、「わかんねー」レベルをはるかに超えていると、ドン引くタケミチ。

「とにかく、あんな奴でさ。東卍の〝設立メンバー〟なんだ」ずっと笑って話していたマイキーの表情が真剣になります。

「東卍はさ、中1の時。オレとドラケン、三ツ谷、パーちん、場地・・・」そして黙るマイキー。

「その5人で?」とタケミチが聞くと、少し黙った後「ああ」と返事をするマイキー。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第39話

その5人が集まり、旗揚げしたチームが東京卍會だったのです。

マイキーはタケミチに「場地を〝芭流覇羅〟から連れ戻してくれ」と頼みます。

「オレ、アイツの事大好きなんだ」そう優しい顔で言うのです。

再び笑顔になり「頼まれてくれるか?」といマイキーに、タケミチは勢いよく「マイキー君の頼みならもちろん!」と答えます。

マイキーと交渉

「でも・・・1コだけ、オレからも頼みごとをしていいっスか?」

緊張しながらも、タケミチは付け足します。

何かと聞くマイキーに、腹をくくると「稀咲を東卍から外してください」と言います。

ピリッとするマイキー。

しかし、タケミチは言い続けます。

「なんであんな奴、東卍に入れたんスか!?理由は説明できないんスけど、アイツはヤバイんです!!」どんどん気持ちが高ぶっていくタケミチ。

「アイツは・・・稀咲は・・・・この先、絶対東卍をダメにしますよ!!」と叫びます。

どう説明しても、わかるワケはない。言い切った後、そう思っていましたが、マイキーは笑顔で立ち上がると「いいよ」と、あっさりと答えます。

驚くタケミチ。

「近いうちに芭流覇羅とぶつかる。オマエが稀咲より、役に立つ奴だと証明しろ」真顔でそう言われて、唾をのみこむタケミチ。

マイキーも稀咲がヤベー奴だということは分かっていました。同時に稀咲の〝力〟も認めている。

東卍には、この先稀咲の〝力〟が必要だと感じたのです。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第39話

「オレに貢献しろ、タケミっち。オレに交換条件出したんだ、失敗したら・・・・殺す」

殺気のこもった目で、タケミチを見降ろします。

その圧に、ゾッとするタケミチ。

おもむろに、マイキーは三ツ谷の名前を呼びます。

木の陰から銀髪がチラチラと見えていて、盗み聞きをしていることを知っていたのです。

出てこいと言われて「いやーバレたかー」と言い訳をしながら、バツが悪そうな顔で出てくる三ツ谷。

「そうだ。ちょうどいいや。三ツ谷、おまえんとこにタケミっち入れることにした」笑顔でマイキーに言われて、驚く2人。

「タケミっち。今日から正式に東卍のメンバーだ」と言われて、間抜けな顔で「よろしくお願いしゃーす」とお辞儀をするタケミチを前に「なんで盗み聞きなんてしちまったんだろう・・・」と、激しく三ツ谷は後悔します。

落とし物

2人と分かれ、神社の石畳に座って月を見上げているタケミチ。

そういえば、オレって東卍のメンバーですらなかったんだ・・・。と気が付きます。ナオトに東卍のトップになると言っていたことを、今更ながら恥ずかしく思います。

でも、目的が出来たと心の中でナオトに報告します。

〝場地〟を連れ戻せば、稀咲を東卍から追い出せるかもしれない!と拳を握ると、ふと、なぜ場地は東卍を抜けたのかと気になりました。

少し離れたところに、お守りが落ちているのを見つけたタケミチ。

落とし物かと近づいて拾ってみると、四つ折りにされた写真も一緒に落ちていました。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第39話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

広げて見てみると、若い頃のマイキーやドラケンが写っています。

三ツ谷にパーちん、場地・・・もしてしてこれは東卍の創設メンバー?しかし、場地の横にいるクビにタトゥーを入れている人が誰なのかは分かりません。

そもそも創設メンバーは5人とマイキーは言っていたのに・・・写真には6人写っています。

不思議に思い、もう一度人数を数えてみますが、やはり6人居ます。

夜の街中で、場地は誰かと会っていました。

「久しぶりだな、一虎・・・」

そう呼ばれた相手の首には、写真と同じ虎のタトゥーが入っていました。

東京卍リベンジャーズ40話ネタバレ

感想

創設メンバーは5人ではなく6人?

最後に場地があっていた一虎という人は、創設メンバーのうちの1人なのかもしれません。

しかし、マイキーはなぜ彼の事は何も言わなかったのでしょうか?

幼なじみの場地を含め、創設メンバーを特に大切にしている印象のマイキー。過去に一虎と何かあったのかもしれません。そのことと、今回場地が抜けたことは関係しているのでしょうか?謎が深まります。

しかし、この謎が解いて場地を東卍に戻すことが出来れば、マイキーに役に立つと認められて、稀咲を追い出せるかもしれません!タケミチ頑張って!必ず稀咲を東卍から追放してほしいです。