東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ43話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「In those days」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

42話のあらすじ

〝踏み絵〟と〝証人喚問〟をクリアして、芭流覇羅に入ることになった場地。

焦ったタケミチは「東卍の創設メンバーなのになぜ裏切れるのか」と、場地に問います。

場地は一虎も東卍の創立メンバーで、マイキーの事を恨んでいると言うのです。

そして、その原因を話してくれます。

東京卍リベンジャーズ42話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ6巻43話ネタバレ

神社で拾った写真の頃に、話は戻ります。

中1で東京卍會を創設したマイキー達。

しかし、そのメンバーの1人であるはずの一虎は、マイキーを恨んでいると言います。

一体何があったのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

はじまりのツーリング

創立メンバー達で、海に向けてツーリングに出かけました。

潮風が最高に気持ちよく、もっとスピードを出したくなります。

しかし、彼等にはスピードを出せない理由があったのです。

総長であるマイキーの愛車は、原チャでした。

ドラケンは、総長なのだから新しいバイクに変えるよう言いますが、マイキーは自分の原チャに愛着を持っており〝ホーク丸〟と名付けて大切にしています。

そして、バブにしか乗りたくないという、こだわりもありました。

譲ってくれる先輩もいない。困っていた時に別の族が現れます。

特攻服を着ているのに、原チャを転がしているのを馬鹿にしながら、ガキはハマに来るなと言います。

バットを肩に乗せて、「その原チャ、ブッ壊してやるよ」と近づいてきます。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第43話

「オレの〝ホーク丸〟に指一本でも触れたら、殺すよ?」

マイキーの鋭い目に怯むと、「次ハマで流してるの見かけたら、単車も全部燃やしちゃうかんなー」と言って去っていきます。

場地は「やっちまう?」と好戦的ですが、ドラケンに「原チャ乗ってるマイキーが悪い」と言われて、皆も同意します。

一虎だけは、みんなヌルいと不満げです。

マイキーはドラケンと一緒にいることが増えてから、丸くなりました。

問答無用でタコ殴りにすればいいのに。

一虎と場地は横に並んで走りながら、そんな話をしています。

ガス欠のホーク丸

急に変な音になり、ガス欠になってしまったホーク丸。

遠出するとあれほど言ったのに、計画性のないマイキーはガソリンを入れてこなかったようです。

呆れるメンバー達に、手を顎に添えると「これは東卍の一大事だ」と言います。

いやいや、これはマイキー1人の・・・と反論しますが、これは俺一人の問題じゃないと言い切るマイキー。

ガソリンスタンドに行くやつは、じゃんけんで決めようと言います。

嫌な想像が当たり、メンバーたちはマイキーの理不尽さにげんなりしますが、じゃんけんで負けた場地はホーク丸を押してガソリンスタンドまで歩きます。

その間、他のメンバーたちは、海を満喫します。

ビキニの美女がたくさんいる中、ドラケンと三ツ矢はどっちが先に沖まで行って戻れるか、真剣勝負を始めます。

ギャルがこんなにいるのに、理解できない一虎。

パーちんと2人で目の保養をしていると、マイキーがハマに居ないことに気が付きました。

息を切らしてホーク丸を押している場地の元に、先ほどの族が現れます。

「次見かけたら燃やすって言ったよねー!?」

そう言うと、場地1人に集団で襲いかかります。

場地は、1人でホーク丸を守り切っていました。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第43話

あまりのしぶとさに「先に原チャをぶっ壊せ」と、ホーク丸に向けてバットを振りかぶります。

それを背中で受け止める場地。

思わず「嘘だろ?」と相手もビビります。

「てめぇら、マイキーの愛車に手ぇ出したら殺すゾ!!」

凄む場地を笑うと、皆で原チャをぶっ壊そうとします。

そこに、海パンを忘れたマイキーが現れます。

またゴミが増えたと馬鹿にしますが、それを無視して真っすぐに場地の所まで来ると、思いっきりホーク丸を蹴り飛ばします。

驚く一同。

自分でホーク丸を!?場地も族たちも、理解不能で目が丸くなります。

ホーク丸は遠くまで吹っ飛んでしまい、ミラーも折れてしまいました。

「てめぇら、何・・・オレの大事なモン傷つけてんだ!!?」ブチ切れるマイキーに、「その原チャは今オマエがっ!!」と反論しますが、マイキーの蹴りを食らって吹っ飛んでいってしまいます。

場地のケガを心配した後「あんなモンの為に体張らして、ごめんな!」と謝るのです。

そして、こいつら全員鏖し(みなごろし)だと言います

出典  東京リベンジャーズ5巻 第43話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

マイキーはあの頃から〝無敵〟にかっこよかった。場地はそう思います。

2003年8月13日。

一虎に呼び出されて、場地は一虎のバイクの後ろに乗っています。

もうすぐ誕生日のマイキーに、オレらでバブをプレゼントしようと言うのです。

でも、バブなんて誰も持っていない・・・そう不審がる場地に「いーからいーから」と言うと、バイク屋まで連れていきます。

ガラス越しに、店内にはバブがあるのが見えます。

一虎は大きなワイヤーカッターを手に持ち、「コレ盗んじまおう」と言うのです。

感想

ドラケンが狙われた時、マイキーはこのパブに乗って駆けつけていました。

昔は原チャとは思いませんでしたが・・・このパブは今マイキーが乗っているものと、同じものなのでしょうか?

他のメンバーより、丸くなったマイキーに少し不満を感じている一虎。

感情のままに暴れたいし、パブを盗むことも何も思わないようです。少し他のメンバーと違うように感じます。一体これから何が起こってしまうのでしょうか・・・続きが気になりますが、なんだか嫌な予感もします。