東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ44話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Screw up」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

43話のあらすじ

総長なのに、原チャに乗っていたマイキー。

その原チャも、ツーリングをした時に他の族からバカにされ、原チャの為に身を挺したかばった場地の為に、自分で蹴り壊してしまいました。

バブじゃないと嫌だと言うマイキーの為に、一虎はバブを盗んでマイキーの誕生日プレゼントにしようと場地に持ちかけるのです。

東京卍リベンジャーズ43話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ6巻44話ネタバレ

中1の時から、鬼強かったマイキー。

東京卍會を一緒に立ち上げようとしたメンバーですから、やっぱり仲が良いですね。

しかし、マイキーの誕生日プレゼントに、バイク店から盗もうと言い出した一虎。

いくらマイキーが欲しがっていたものだからって、良いのでしょうか・・・気になる続きを書いていきたいと思います。

止める場地、聞かない一虎

バイク店にあるバブを、マイキーの誕生日祝いにするために盗もうと言う一虎。

場地は「盗むのはダメだ。そんなんで手に入れたものを、マイキーは喜ばない」と慌てて言います。

しかし、一虎は「言わなきゃいいんだよ」と、言います。

「オレら中坊がバイクに乗るには、先輩にもらうか盗むしかねーだろ?」

一虎が言いたいことは分かりますが、盗むことは良くないと思っている場地は黙ります。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第44話

「マイキーの喜ぶ顔見てーだろ?アイツがずっと憧れてるバイクだぜ?」

そう一虎に言われると、何も言えない場地。

9時になり店が閉店しました。

フードを被って「行くぞ」と言われますが、やっぱり場地はまだ乗り気ではありません。

構わずに手順を確認する一虎。

裏口の窓を割って、中に侵入。

警備会社が駆けつける約10分の間に、バブのチェーンを切る。

鍵が刺さったままなのは確認済みだから、表のシャッター開けて外に出して、そのまま逃げる。

「楽勝だろ?」と言いますが、「そういう問題じゃない。盗みはやべぇって言ってるんだ」と言う場地は、何故かフードを被っています。

それを見て「なんだかんだ言ってさ、いつも付き合ってくれるよな」と一虎が笑うと、場地も自分の顔が割れないように、顔を黒い布で隠すのです。

場地に見張りになってもらい、大きな音が鳴らないようにガラスにガムテープを張ると、割って中に侵入します。

しかし、警報が鳴りません。

気にせず中に入っていく一虎に「本当にいいのか?この先はもう引き返せねぇぞ」と、場地は確認します。

「うるさいなー」と言いながら、中に入っていくと、目的のバブを見つけます。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第44話

その姿に、少し頬を染めて「かっけぇ・・・」と見とれる場地。

よく見ると新品ではなく、メンテ中でカスタムまでされています。

「このバイク、マイキーが乗ったらメッチャかっけぇだろうな・・・」

と、マイキーが乗っている姿を想像します。

ワイヤーカッターで切ろうとしますが、固すぎてなかなか切れません。

息が上がった二人は、顔の布を取ってしまっています。

やっとチェーンが切れて、場地がバブを運び、一虎がシャッターを開けに行きます。

「外で合流だ」と、2人ともマイキーが喜ぶ姿を想像し、最高の誕生日にしてやると興奮しています。

店員に見つかる

暗闇の中、場地は声を掛けられます。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第44話

片手にレンチを持った定員らしき男性が「なんだ・・・?ドロボーか?」と近づいてきます。

人が居たことに気づいて、焦る場地。

「誰の店に入ってんだ!?コラ」と、近づく手に持たれているレンチに気が付き、どうすればいいかと考えます。

顔は見られてしまっている。

逃げ切っても捕まる。

すると、男性は「オマエ・・・どっかで見た顔だな」と言います。

そう言われて、場地もその相手が誰なのか気が付きます。

「ケースケか?」と言う男性と「真一郎君?」と言う場地。

2人は知り合いのようです。

「なんで・・・ここに?」と慌てながらも聞く場地に「あン?ここ、オレの店だもん」と言います。

真一郎の店!?と驚いている場地は、視界の端でワイヤーカッターを持って走ってくる一虎に気が付きます。

一虎は真一郎の背後から、思いっきりワイヤーカッターを振り上げます。

「やめろ、一虎あぁ!!!」場地の叫び声に後ろを振り向く真一郎の頭を、一虎はワイヤーカッターで殴ります。

床に倒れる真一郎。

一虎は「逃げんぞ、場地!!」と言いますが、場地は真一郎の元に駆け寄ります。

「何やってんだよ、一虎!!」そう叫ぶと「しょうがねぇだろ、見られたんだからよぉ」と叫び返します。

出典  東京リベンジャーズ5巻 第44話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

「違ぇよ!!そういう事じゃねぇんだよ!!真一郎君は、マイキーの兄貴なんだよ!!!」泣きながらそう叫ぶ場地の言葉を聞いて、パニックになって息が上がる一虎。

場地は必死に真一郎の名前を呼びますが、息がありません。

床にどんどん広がっていく血。

「嘘だろ・・・?」

一虎はそういったまま動けず、場地は泣いたまま力なく真一郎の側で座ったままです。

東京卍リベンジャーズ45話ネタバレ

感想

まさか・・・マイキーのお兄さんの店だったなんて・・・。

顔を見られたからと、容赦なく即死する程頭を殴った一虎。

マイキーの兄でなかったら、後悔はしなかったのでしょうか?

盗むことにためらいが無いことは分かっていましたが、まさか、ここまでするとは思いませんでした。

マイキーの為にバイクを盗もうとしたのに、マイキーを喜ばせたかったのに・・・どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

マイキーのお兄さん、助かって欲しいです。続きが気になります。