東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ45話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Take out on」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

44話のあらすじ

マイキーの誕生日プレゼントにと、バイク屋のバブを盗もうとした一虎。

反対しながらも、一緒に盗みに入る場地。

なんとかバイクのチェーンを切り、店から運び出そうと二手に分かれた時、店員に見つかってしまいます。

定員は場地の事を知っていました。場地も男性を知っていました。

しかし、顔を見られたと思った一虎は、持っていたワイヤーカッターで定員の頭を殴ります。

場地は慌てて止めようとしましたが、間に合いませんでした。店員はマイキーの兄だったのです。。

東京卍リベンジャーズ44話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ6巻45話ネタバレ

確かに、よく見てみると顔がマイキーに似ています。以前、タケミチが自分の兄に似ていると話していたマイキー。

彼はあの時、兄は死んだと言っていました・・・

マイキーの家の近くに住んでいた幼馴染の場地は、お兄さんとも顔見知りだったようです。

場地が駆け寄った時には、もう息が無かったマイキーのお兄さん。もしかして・・・・気になる続きを書いていきたいと思います。

壊れる一虎

自分が殴った相手が、マイキーの兄だと知った一虎。

自分たちの盗もうとしたバイクが、マイキーの兄貴のバブだったと知った場地。

場地はどうしたら良いか分からず、涙を流しながら救急車を呼ぼうとします。

一虎は息が上がったまま「オレじゃねぇ!!・・・オレは殺してねー!!マイキーの兄貴をオレが・・・殺すわけがねぇ・・・」と、パニックになってブツブツと話し始めます。

「救急車を呼んで逃げよう」と場地が言いますが、一虎はずっと何かをブツブツと言い続けています。

警察のサイレンの音がして、急いで逃げようとしますが、一虎の様子が変です。

「全部マイキーのせいだ、だからマイキーを殺さないと」と、もう正気ではない顔で言います。

出典  東京リベンジャーズ6巻 第45話

その顔を見て、ゾクッとする場地。

そこに警官が入ってきて、2人は捕まります。

警察に連れられて、店を出る2人。

なんでこんな事に!?そうだ・・・これはきっと悪い夢だ。

そう思っていた場地の目の前に、息を切らせたマイキーが現れます。

「どうした?」そう聞かれて、涙が溢れ出てくる場地。マイキーに謝ります。

警察が張ったテープが、自分と一虎とマイキーを分けています。

マイキー、一虎、オレ。あの日オレらは決別した。

過去を知ったタケミチ

その話を聞いて、以前マイキーが自分に言った言葉を思い出すタケミチ。

「10コ上の兄貴がいてさ、死んじまったんだけどネ」

確かにマイキーはそう言っていました。

マイキーの兄貴が死んだ原因は、この2人だったのです。

場地は「一虎が庇ってくれたから、オレは年少に入らずに済んだ。オレは一虎が出所するのを待ってたんだ」と言います。

場地は、そもそも一虎側だったということか・・・?

別に、勢いで東卍を脱退したワケじゃなかったんだ。だったら、連れ戻すなんて無理じゃん。

話を聞いて、タケミチはそう思いました。

半間は「そういう事ならマジで大歓迎だ」と、場地に芭流覇羅の特攻服であるジャケットを投げます。

そのジャケットに袖を通す場地。

出典  東京リベンジャーズ6巻 第45話

半間と一虎は、タケミチに1週間後の10月31日。廃車場にて芭流覇羅VS.東卍の決戦をするとマイキーに伝えろと言うのです。

家に帰ってベッドに横になると、情けない顔であと1週間で連れ戻すなんて、絶対無理!!!と思います。それと同時に、失敗したら殺すと殺気を飛ばしていた、マイキーの顔も思い出します。

どうしたら良いか分からず、涙をこぼすのです。

壱番隊の副隊長に会う

次の日、眠れなかったタケミチは酷い顔で学校に向かいます。

すると、タケミチの方に向かって「こっちにこい」と、呼ぶ声が聞こえます。

その方を見ると、顔面に酷いけがをしている少年がブランコに乗っていて、自分の横に座れと言うのです。

タケミチは怖がります。明らかにヤベー奴じゃん!メッチャ怪我してるし。

シカトして通り過ぎようとしますが、少年は「昨日はお互い災難だったな」と言うのです。

昨日?その言葉に足を止めます。

出典  東京リベンジャーズ6巻 第45話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

すると「場地さんカッケーだろ?」と、少年は笑って言うのです。

「・・・場地君のお友達?」と聞いたタケミチに「東京卍會、壱番隊副隊長。松野千冬だ」と自己紹介します。

「場地君に、ボッコボコにされてた人じゃん!!」思わずそう叫んで指さすと「オマエもな」と言われて言い返せないタケミチ。

松野は「場地さんに感謝しろよ」と言うのです。

「なんでオレが!?」と反論すると「オマエは任命式をぶち壊した。場地さんが殴んなかったら、オマエもっとヒデぇ目に遭ってたよ」と言うのです。

「オレをボコったのは、芭流覇羅に入る為。でも、場地さんが芭流覇羅に入ったのは東卍を潰す為じゃないよ」自分の考えと違い、驚くタケミチ。

「場地さんの考えは他にある」

松野はブランコから立ち上がり「稀咲だ」と言うのです。その名前を聞いて、心臓が鳴り顔色が変わるタケミチ。

場地は、稀咲の尻尾を掴む為に、芭流覇羅に入ったと松野は言うのです。

東京卍リベンジャーズ46話ネタバレ

感想

場地がタケミチをいきなり殴ったのは、やっぱりタケミチを助ける為でもあったんですね。

あそこまで自分をボコボコに殴った相手だと言うのに、場地がカッコイイと言う松野。

本気で場地のことを尊敬しているようです。

そして、そこまでの信頼を寄せる場地も、マイキーの様に頼れる男なのでしょう。

一体場地の本当の目的は何なのでしょうか?どうしてここで稀咲の名前が出てきたのでしょうか?早く続きが知りたいです!