東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ68話ネタバレやあらすじ【三ツ矢が武道の特攻服を!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

67話のあらすじ

時は、場地と千冬の出会いの時まで遡ります。

中学の入学式。千冬は先輩たちに呼び出されましたが、1人で先輩をノスと「敬語は使えない」と言います。

自分が一番偉いから、敬語を使う必要がない。そう思っていた千冬。

同じ学年に、中学生だというのに留年をした場地という男がいることを知り、どれだけ悪いことをしたら留年できるのかとドン引きます。

会いに行ってみると、彼はガリ勉の真面目な男子でした。

しかし、虎と言う感じもかけないガリ勉はありえないと、千冬は彼に興味を持ちます。

自分たちでは敵わないと思った先輩たちは、地元の総長に助けを求めていました。

千冬1人に複数で襲い掛かり、武器まで使おうとするのを見て、場地が止めに入ります。

1人で相手をノシた場地をカッコイイと思い、尊敬した千冬は生まれて初めて敬語を使います。

2人は同じ団地住まいでした。

お腹が空いたからペヤングを食べようと家に誘ったけれど、ペヤングは1つしかありませんでした。

場地は千冬に「半分コ・・・な」と言うのです。

東京卍リベンジャーズ67話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ8巻68話ネタバレ

なぜペヤングを半分コと最後に場地は言ったのか。

千冬はどうしてあれ程場地が好きなのかが分かりました。

千冬はマイキーや東卍に憧れて入ったわけではなく、場地のことを自分がついて行く男と決めていたのです。

その場地は亡くなってしまいました。

千冬は今後東京卍會で、どうするのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

三ツ谷からの呼び出し

タケミチは、三ツ谷から用事があると三ツ谷の中学に呼び出されていました。

言われた通り校門の前で待っているのですが、なかなか三ツ谷は現れません。

少し苛立っていると、聞き覚えのある声が自分の事呼びます。

短ランの下に、ド派手なシャツ、更にネックレスを付けたぺーやんでした。

あまりのガラの悪さに、引くタケミチ。

三ツ矢とぺーやんは同じ中学だったことを知ります。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第68話

ペーやんは三ツ谷が手が離せないから、自分の代わりにタケミチを案内すように頼まれていたのです。

「オレらの隊長」と言われたことで、自分はぺーやんと同じ弐番隊の隊員だったことを思い出します。

ぺーやんについて校内を進んでいくと、家庭科室に着きました。

ココだと言われますが、なぜ家庭科室なのかが分かりません。

ぺーやんは、嫌そうな顔をして「苦手なんだよなーアイツ」と言うのですが、誰の事を言っているのか分からないタケミチ。

すると、勢いよく扉を開けて、ぺーやんを1人女の子が怒りだしたのです。うっと今にも逃げ出したいような表情になるべーやん。

部長の邪魔をするなとぺーやんに帰るように言うのです。

女の子に対して、しどろもどろなぺーやん。

その姿を見て、タケミチは口を開けて見ていることしか出来ません。

そこに、部長と呼ばれた三ツ谷が仲裁に入ります。

制服のワイシャツの上からカーディガンをざっくりと羽織り、首にはメジャーをぶら下げていました。

その姿に驚くタケミチ。

三ツ谷は手芸部の部長だったのです。

大勢の部員の女子たちに、的確に指示を出す三ツ谷。

タケミチに、笑顔で少し待ってろと言います。

暴走族をやっているのに、学校生活も両立している三ツ谷を尊敬します。

すぐに出来るって、何か作っているのだろうか?そもそもどうして自分は呼び出されたのかと疑問に思っていると、ぺーやんが「特攻服だよ」と教えてくれます。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第68話

なんと、タケミチの特攻服を三ツ谷が直々に作ってくれるというのです。

三ツ谷がメンバーの為に特攻服を作るのは、初期メンバー以来です。

軽快にミシンを踏みながら、「族である自分たちの晴れ着は、特攻服だろ!」と優しい顔で言うのです。

これは、三ツ谷なりのタケミチへの感謝の気持ちでした。

8.3抗争ではドラケンを救ってくれて、〝血のハロウィン〟ではみんなの目を覚ましてくれた。

だからタケミチの特攻服は、絶対自分が仕立てたいと思っていたと言うのです。

自分の特攻服になるであろう生地を、丁寧に持ち上げながらそう言う三ツ谷を見て、嬉しくなるタケミチ。

素直にお礼を伝えます。

無事特攻服が完成して、着てみるように言う三ツ谷。

明日の集会が楽しみだとぺーやんも言います。

タケミチの特攻服披露!

ついに集会が始まり、タケミチは初めて特攻服を着て参加します。

なんだか恥ずかしいと緊張するタケミチ。

その姿を他のメンバーたちは見てくれます。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第68話

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

ざわつくメンバーの中、無言で睨むようにタケミチを見ている稀咲。

ドラケンは笑って「似合ってねぇなぁ!」と言います。

タケミチ自身も、着られてる感が半端ないと照れます。そんなタケミチに真顔になると、ドラケンは「改めて東京卍會へようこそ」そうタケミチに言うのです。

しっかりと返事をして、「よろしくお願いします」と深く頭を下げるタケミチ。

皆が揃い、集会が始まります。

ドラケンは「オマエにとって大事な集会だ。覚悟しとけ!」とタケミチに言うのです。

いつもの神社で、みんなの前に立つマイキー。

その横には、芭流覇羅の半間と、千冬が立っています。

驚くメンバー達。「今日の集会は荒れるぞ」厳しい表情をしてドラケンは言います。

〝血のハロウィン〟の総決算が始まったのです。

東京卍リベンジャーズ69話ネタバレ

感想

大抗争に勝利したからお終。とはいきませんよね。

勝利した東京卍會。敗北した芭流覇羅。この抗争によって、2つの勢力はどうなってしまうのでしょうか?

そこ答えがついに分かりそうです。

ずっと1人学ランを着て参加していたタケミチ。ついに特攻服が着れるようになりました!

しかも、まさかの三ツ谷の手作り!!

彼が爽やかイケメンだったのは、この手芸部部長を務めあげられているからなのかもしれませんね。

意外過ぎます。

それにしても、マイキーはなぜ半間と千冬を連れて現れたのでしょうか、とても気になります!