東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ13話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Regret」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

12話のあらすじ

ドラケンの死の原因は「マイキー派とドラケン派の抗争」と聞いていたのに、「東京卍會と愛美愛主」の抗争が始まり訳が分からなくなったタケミチは、ドラケンを尾行します。

すると、マイキーを連れて病院に行くドラケン。病院には愛美愛主の被害に遭った女性が、意識がないまま入院していました。

不良の姿を見て、怒り狂う彼女の父親。

自分たちのせいではないのに、深く頭を下げるドラケン。

悲しみも泣きながら去る父親を見ながら、ドラケンは「メンバーにはみんな家族もいるし大事に人も居る。一般人に被害を出してはいけない」とマイキーに言います。

その言葉を聞いて、「ケンチンが居てくれてよかった」と、マイキーは父親に頭を下げたまま言います。

そんな2人を見て、内部抗争なんてするわけがないと確信したタケミチは、愛美愛主について調べようと思います。

東京卍リベンジャーズ12話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ2巻13話ネタバレ

お互いに支え合い、補い合うマイキーとドラケン。2人の深い友情と、ドラケンの視野の広さと懐の深さに、胸を打たれます。

ドラケンが死んで良いはずが絶対にない!タケミチ、必ずドラケンを助けて!!そんな熱い思いが湧き上がってくる、東京卍リベンジャーズの続きを書いていきたいと思います。

手掛かりを得るために現代へ

始まると同時に、既にタケミチは現代に戻っています。

自分をタクシー代わりにするなと怒るナオト。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第13話

タケミチは病院で2人のことを見た後、急いで家でUFOの雑誌を読んでいるナオトの元に行き、現代に戻っていました。

戻るなり、ナオトに「〝愛美愛主の長内〟が現在どこにいるか調べてくれ!!」と頼みます。

過去で得た情報をナオトに伝え、長内が働く工事現場に向かいます。

現代の愛美愛主の総長と会う

会った歯が欠け、無精ひげを生やした気弱な男性が長内だと知り、タケミチは何かの間違いではないかと思います。

まずは、長内とタケミチとナオトの3人で喫茶店に移動して、詳しく話を聞いてみることにします。

愛美愛主と東京卍會の抗争の時の話を聞こうとすると、急に立ち上がり「話す事はありません」とはっきり言う長内。

しかし、警察官のナオトは尋問をするように次々と質問をしていきます。

ドラケンの死に関与しているのではないか。

愛美愛主のメンバーが彼を刺したのではないか。

あなたが命令して殺したのではないかと。淡々と問われるごとに、語尾を強くして否定する長内。

ついに頭を抱え、当時のことを話し始めます。

確かに東卍と抗争はしたが、殺したのは自分たちではない。あれはキッカケに過ぎず、あの後、東卍は内部抗争をはじめ、8月3日にドラケンが死んだと言います。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第13話

そして「全部アイツの策略だったんだ」と話したので、タケミチはアイツとは誰かと聞きます。しかし、長内は「これ以上話せない」と言います。もう東卍とは関わり合いたくないのだと追いつめられた表情で言います。

長内もアッくんと同じように「ドラケンさえ死ななければ・・・」と言ったところで、長内のスマホが鳴り、仕事場に戻っていきます。

抗争を止める為に4度目のタイムリープ

家に戻り、ナオトに意見を求めるタケミチ。

ナオトは、愛美愛主との抗争は火種でしかなく、〝誰か〟が東卍の内部分裂を企んでいる。それに長内は利用されたのではないかと推測します。

2人は、今回の愛美愛主との抗争がすべてのキッカケになる為、東卍と愛美愛主が争うのを止めなくてはいけないと思います。

マイキーを説得する為、タケミチは再び過去にタイムリープします。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

過去のアッくんとの再会

出典  東京リベンジャーズ2巻 第13話

タイムリープをすると、アッくんの自転車の荷台に乗っていました。

アッくんと会うのは、屋上での1件以来はじめてです。タケミチは緊張します。

ふと、アッくんの夢を聞くタケミチ。「美容師?」と答えるアッくんに「ゼッテェなれる!!」と叫びます。

恥ずかしがるアッくんに、自分が一番最初の客になると約束をするタケミチ。

アッくんをもう巻き込みたくないタケミチは、自転車から降ります。

アッくんを助けたい。ドラケンを助けたい。ヒナを助けたい。

泣きそうになりながら、その為に絶対に愛美愛主との抗争を止める!!と覚悟を決めて、マイキーの所へ行きます。

東京卍リベンジャーズ14話ネタバレ

感想

とても昔は総長をしていたと思えない長内。まるで最初のタケミチのようです。

東京卍會に酷くおびえ、「全部アイツの策略だ」と話しているところを見ると、今回の抗争に裏があることは確実です。

しかし、詳しいことが分からないので、タケミチがこの抗争を止められるのかと不安になります。

ヒナやアッくんはもちろん、ドラケンも死んでほしくない!みんなタケミチと同じ思いです。

今までの中で一番謎が深く、個人ではなく東京卍會と愛美愛主の抗争という大きな動きを、タケミチはなんとか止めることが出来るのでしょうか。続きがとても気になります。