東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ14話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Resort」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

13話のあらすじ

予想とは違うことが起こり、タケミチは手掛かりを求めて現代に戻ります。

ナオトと、現在の〝愛美愛主〟の総長だった長内に会いに行きます。

工事現場で無精ひげを生やし、頭を下げながら働いていた長内。

東京卍會との抗争の時の話を聞こうとしますが、もう東卍とは関わり合いたくないと詳細を話してくれません。

長内が「全部アイツの策略だったんだ」と言ったことから、ナオトは「誰かが東卍の内部分裂を企んでいるのではと推測します。その火種となる今回の抗争は止めた方が良いと考えます。

マイキーを説得する為に、タケミチは再び過去へとタイムリープします。

東京卍リベンジャーズ13話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ2巻14話ネタバレ

とても昔は総長だったとは思えない長内を見て、今回の抗争は誰かが裏で糸を引いていて、かなりヤバイことが伝わってきます。

止められなければドラケンが死んでしまうだけではなく、東卍が悪い方に大きく傾いてしまっていくような気がします。

危険な香りがすればする程、みんなを助ける為には、ここは絶対に失敗できません!

頑張れタケミチ!気になる続きを書いていこうと思います。

正面からマイキーに頼むタケミチ

使われていない倉庫の中で、マイキーとドラケン、参番隊の隊長パーちんと副隊長ぺーやんは何かを話していました。

大事な話をしているから出ていくようにと言われますが。構わずマイキーの前まで行くと「愛美愛主との抗争止めませんか?」と聞きます。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第14話

根拠は言えないけれど、この抗争は誰かが裏で糸を引いていると伝えた途端、パーから髪を鷲掴みにされ、後ろに投げられてしまいます。

「消えろ。これ以上喋ったら殺す」と言い、抗争の計画を進めようとするパー。

しかし、タケミチは引きません。

根拠も言えずに抗争はダメというタケミチに、パーは怒り殴ります。「自分の親友をボコって女をレイプした犯人は誰だと叫びながら」何度も殴り続けます。

マイキーからの答え

その時、マイキーが口を開きます。

「タケミチの話は分かったが、総長である自分がヤると決めた以上、愛美愛主との抗争はする」と真剣な顔で言い切ります。

それを見て、座下座をして頼み込むタケミチ。

「ここで退いてしまったら、東卍が終わってしまう。せっかくマイキーやドラケンと仲良くなったのにそんなのは嫌だ」と涙を浮かべて訴えます。

しつこいタケミチを、更に殴ろうとするパー。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第14話

すると、ドラケンがそれを止め「タケミチが引かないというのなら、少し愛美愛主について調べてみてはどうか」と提案します。

その提案に「東卍に盾突くの?」真顔で言うマイキー。

「そういう話ではない」とドラケンは言いますが、マイキーは「そういう話だ」と言い、場の雰囲気が変わってしまいます。

良くない雰囲気に、誰も口を利かず黙ります。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

過去の長内現る

そこに割って入ってくるリーゼントの男。

愛美愛主の八代目総長「長内信高」が、いきなり登場します。

出典  東京リベンジャーズ2巻 第14話

現在の長内全く違う雰囲気に、驚くタケミチ。

長内の姿を見て、怒り殴りかかるパー。

しかし、長内は余裕でパーのパンチをよけ、カウンターで重いパンチを繰り出します。

吹っ飛んでいくパーを見て、所詮は中坊レベルだと見下し「〝東京卍會〟から〝中坊連合〟に名前を変えろ」と馬鹿にする長内。

指を鳴らすと、特攻服を着た大勢の愛美愛主のメンバーが現れ、倉庫に入ってきます。

愛美愛主に喧嘩売ると聞いたから、こっちから出向いてやったと言う長内し「戦争だぁ」と嬉しそうに言います。

想定していなかった長内の登場に、どうすればいいと焦るタケミチ。

緊迫した雰囲気のまま、3巻へと続きます。

東京卍リベンジャーズ15話ネタバレ

感想

え・・・長内?別人じゃないの?と、現代の長内と見比べた人は多いはずです。

私は3度見くらいしました。

確かに鼻と額の傷は一緒ですが、他が全く違います!とても同一人物とは思えません。一体何があったらこんなに人が変わってしまうのでしょうか。怖すぎます。

抗争までまだ日があると思っていたのに、愛美愛主の方から乗り込んできてしまいました。

それにしても、少人数でいる時を大勢で狙ってくるなんて、つくづくやることが汚いです。

抗争を止めたいタケミチにとって、この展開は困ります。抗争が始まってしまえば、更に止めることは難しくなってしまいます。

タケミチはこのピンチを無事乗り切ることが出来るのでしょうか。非常に続きが気になります。