東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ84話ネタバレやあらすじ【三ツ谷と大寿の約束】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

83話のあらすじ

千冬は、次の幹部会で八戒が東卍から抜けようとすると考えます。

2人でそれを阻止する為、策を練っていました。

幹部会で、八戒は東卍から抜けようとします。

タケミチは早速計画したプランを実行しますが、全く役に立ちませんでした。

また変えることは出来ないのかと、悔しい思いをするタケミチ。

マイキーは、弐番隊である三ツ谷にどうするか決めるように言います。

三ツ谷に謝る八戒。

それを受け入れてくれたと思ったのですが、三ツ谷は「大寿に会わせろ」と言うのです。

東京卍リベンジャーズ83話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ10巻84話ネタバレ

三ツ谷は、なぜ大寿に会わせるように言ったのでしょうか。

どうみても、話が通じる相手とは思えません。

何か考えがあるのでしょうか?タケミチにとっては、思っても居ない展開ですが、八戒が東卍に残るすべがあるのならば、願ったりかなったりです。気になる続きを書いていきたいと思います。

三ツ谷と八戒の出会い

八戒は男の子の上に馬乗りになって、血が出る程殴っています。

周りでそれを見たよその母親たちは、その姿を見てひそひそと聞こえるように話すのです。

子供が同い年なのは嫌だ。

あの柴大寿の弟らしいわよ?

下敷きにされている男の子は、涙を浮かべて血を流しながらも、必死に八戒の顔を押してどかせようとします。

しかし、無表情で返り血を浴びながら殴り続けようとする八戒の腕を、誰かが掴んで止めます。

少し苛立った顔でそちらを振り返るのですが、手を掴んでいたのは赤ちゃんを抱っこ紐で抱えている少年でした。

「やりすぎっしょ」

出典  東京リベンジャーズ10巻 第84話

そう言われるのですが、赤ちゃんを抱き、後ろに小さな女の子を連れている少年を不思議に思います。

守るために力は使えと、三ツ谷は言うのです。

大寿の元へ行く三ツ谷

大寿に会いに行こうとしている三ツ谷を、八戒はもう一度止めようとします。

どうやってもいい結果は生まない。

しかし三ツ谷は考えを変えず、なぜタケミチと千冬が付いてきているのか不思議に思います。

タケミチは当事者だからと言い、千冬はそのタケミチの付き添いだと言います。

八戒は暗い表情のままで、三ツ谷は苦笑いをしながらまぁいいかと諦めます。

高層ビルの一室。

そこに大寿は居ました。

初めましてと挨拶をする三ツ谷。しかし大樹は三ツ谷を挑発します。

笑顔のまま「随分な言い方っスね」という三ツ谷に、殺すとまで大寿は言います。

黒龍側は大寿とココ、乾が揃っていました。

一同が顔を合わせた中、大寿は用件を言えと言います。

「八戒は黒龍に渡す」そう三ツ谷は言い、タケミチは慌てます。

それを止めに来たと思っていた大寿は、思わず笑います。

「その代わり、柚葉を開放しろ」

出典  東京リベンジャーズ10巻 第84話

その言葉に八戒は驚き、大寿は怒ります。

「なんでソレを・・・」と、不安な顔で聞く大寿。

「柚葉になんかさせてるな?」と、続けて三ツ谷は言うのです。

八戒はずっと柚葉を兄の暴力から守ってきました。

しかし、それを面白い冗談だと大寿は笑い飛ばします。

八戒は兄に怯えて黒龍に入るのではなく、柚葉を守るためだ!と言われて、殴りかかる大寿。

しかし、それを三ツ谷は腕でガードしていたのです。

それを見て、やるなと感心する大寿。

三ツ谷は毅然として、もう一度交換条件を大寿に突き付けるのです。

交渉成立

この条件を受けるならば、東卍は黒龍に手を出さない。

しかし、断れば全面戦争だと言います。

しばらく間を開けて、大寿と三ツ矢は握手をして交渉を成立させるのです。

自分はDVなんてしてないけれど、約束は守るというのです。

帰り道、外はもう夕闇に染まっていました。

結局八戒は、黒龍に行ってしまうことになってしまいました。

しかし、タケミチは1つ分かったことがあると言います。

きっと八戒は、柚葉の為に兄を殺したのだろうと。

八戒は礼を言います。

言い淀んでいると、「どんなに苦しくても、力は守るために使えよ」と真剣な表情で言うのです。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ10巻 第84話

その言葉に、八戒の瞳から涙が出てきます。

子供の頃、八戒は三ツ谷の住んでいる小さなアパートに行きました。

部屋では妹たちが、大声を出しながら走り回っています。

それを三ツ谷は注意しながら、エプロンをして夕食を作っているのです。

「うるさくてゴメンな」そう八戒に謝りますが、八戒は戸惑いながら「いや・・・全然」と答えます。

飯を食って行けと言われて、みんなでご飯を食べながら三ツ谷に「親は?」と聞くと母親だけだと答えます。

夜中まで働いているから、三ツ谷が妹の面倒をみているのです。

甲斐甲斐しく妹の面倒をみる三ツ谷に、目を会わさずに「こんなん押し付けられて、つらくねーの?」と聞きます。

しかし、三ツ谷は優しい顔で次の瞬間今の三ツ谷に戻り「生まれた環境を憎むな」そう八戒に言うのです。

東京卍リベンジャーズ85話ネタバレ

感想

三ツ谷が家庭科部の部長が務まる程手先が器用なのは、ずっと親の代わりに家事育児をしていたからなんですね。

ドラケンとは違う包容力と大人らしさを持っている三ツ谷。

彼のその性格は、子供の頃から持っていて、育ててきたものだと知り、胸が温かくなりました。

どうして八戒が三ツ谷を実の兄のように思っていたのか。

それが分かりました。

分かったからこそ・・・八戒があの兄が居る黒龍に行くのが嫌です。

なんとかならないのでしょうか?