東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ70話ネタバレやあらすじ【武道が最高幹部に!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

69話のあらすじ

半間は東京卍會に敗北したのを期に、芭流覇羅は東京卍會の傘下に入ると言いました。

一気に膨れ上がることとなり、喜ぶメンバー達。

今回、稀咲鉄太が自分とマイキーをつないでくれたおかげだと言い、稀咲の株も上がります。

それを聞いて、ミッションが失敗に終わったと絶望するタケミチ。

マイキーは、「今回得るモノもあったが失ったモノもあった」と続けて言います。

壱番隊隊長である場地圭介が亡くなった事実は、重く受け止める必要があると言います。

そして千冬に続きを託すのです。

空席となった壱番隊隊長の座。自分はその器ではないと言い、「隊長には自分がついて行きたい奴を選ぶ」そう言って花垣武道を壱番隊隊長に命じるのです。

東京卍リベンジャーズ69話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ8巻70話ネタバレ

現在空席の参番隊の隊長になることに失敗をしたタケミチ。ですが壱番隊の隊長となることで、なんとかミッションを達成し未来につなぐことが出来ました。

入隊したばかりで隊長に就任。大出世です。

このことが、未来を変えることにつながるのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

ミッション達成!現在へ戻れ

結局芭流覇羅は東京卍會の傘下に降りました。

自体は悪化しています。

しかし、千冬が自分を壱番隊の隊長に指名してくれたことで、希望は残りました。

武道はしっかりとした表情で歩き、ナオトに会う為にヒナの家を訪ねます。

タケミチはタイムリープをしていきます。

東卍とマイキーを救いたかった。

場地のおかげで、マイキーは一虎を殺さずに済みました。

これでマイキーが堕ちることを防げたはず。

しかし、稀咲だけでなく半間まで東卍に入ってしまいました。

これでは、いつかは東卍が稀咲達に乗っ取られてしまう。

でも、今ならばまたやれる事があるはず!

今までと違う自分

そう思って戻って来た現在。

アルバイト先のDVDレンタルショップに居ました。

スマホには西暦は2017年という文字。久しぶりに戻ってきました。

今までと変わらない風景。

しかし、店長はタケミチに深く頭を下げると「お探しの商品はこちらの店舗では取り扱っていないみたいです」と、申し訳なさそうに言うのです。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第70話

いつもとは何か違う!そう思ったタケミチは、自分のことをトイレの鏡でしっかりと見ます。

高そうな時計やバッグを持ち、頭もビジッとオールバックにしています。

まるで、自分ではなく見えます。

一体どうなっているんだ。不思議に思いながら店を出ると、タケミチに遅いと声をかけるものが居ます。

思わずビクッと立ちすくむタケミチ。

長髪で、眉毛にケガの跡があるメガネを掛けた男が「お前、本当このレンタルや好きな?」と話しかけてきます。

その姿に怖いと引くタケミチ。誰かも分かりません。

早く乗れよと、声をかけられ、言われた通り黒塗りの乗用車に乗り込みます。

乗ったはいいが、どこに行くのか全く見当がつかないタケミチ。

聞いてみると、これからタケミチの家に帰ると言います。

そして、それはタケミチの命令だと言うのです。

出典  東京リベンジャーズ8巻 第70話

こわもての運転手もそうだと言います。

自分がこんな怖い奴等に命令!?何を言っているんだと訳が分からなくなります。

ナオトに聞けばいい!そう気が付いて、スマホを操作しますが、ナオトの電話番号は登録されていません。

困惑している間に、家に着いてしまいます。

タケミチのマイホーム

これではナオトと連絡がとれない・・・そう考え事をして歩いていると、自分に向かって大声で「お疲れ様です」と、あいさつをされてビビります。

自分の知らないおっかない人が更に増えています。しかもいっぱい!

でも、遅かったなと声をかけてくる2人だけは、なんだか見覚えがあります。

そのうちの1人が「山岸!お前がちゃんとしろや」と言ったことで、DVD屋から一緒にいた男はあの山岸だったことに気が付きます。

それで目の前にいるのは、溝中メンバーのマコトとタクヤだと気が付きます。

変わり果てた姿に、口を大きく開くタケミチ。

みんなは自分の事を「ボス」と呼ぶのです。

No2が待ちくたびれてると言われて、高層マンションの最上階に向かいます。

もしかして、未来での自分は成功している!?タケミチの瞳は輝きます。

最上階の部屋には、まだ他にも人が居ました。

タケミチに頭を下げで挨拶をします。

広すぎる部屋に、これがオレの家!?とタケミチは頬を高揚させて驚きます。

窓から景色を眺めている男性が、タケミチに「電話出ろよ」と言います。

振り向いたその男性は、千冬でした。

千冬の姿を見て安心するタケミチ。しかし、千冬はタケミチが何を言っているか分かりません。

タケミチに「〝幹部会〟だ・・・行くぞ」と言います。

訳が分からないタケミチに、相棒しっかりしろよと千冬は苦笑いをします。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ8巻 第70話

「東京卍會最高幹部の花垣武道以外、誰が居るって言うんだよ」

そう言われて、自分が東卍の幹部になっていることを知るのです。

東京卍リベンジャーズ71話ネタバレ

感想

高級なものに囲まれた、幹部としての生活。

それが現在のタケミチでした。

壱番隊隊長になったタケミチは、なんと最高幹部になっていました!!え・・・タケミチが!?

フリーター時代と比べて、全く違う暮らしぶり。

タケミチだけでなく、私もビックリです!!

もしかして、未来は想像以上に良い方に変わったのでしょうか?早く詳細が知りたいです!