東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ71話ネタバレやあらすじ【裏切り者がいる!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

70話のあらすじ

東京卍會に稀咲と半間が加わってしまったけれど、自分は壱番隊隊長になれたタケミチ。

一度現在に戻ることにします。

久しぶりにタイムリープすると、今回は今までと違っていました。

高い時計や鞄。知らない怖い男性が、自分に付き添っています。

タケミチの家だと黒塗りの高そうな車で乗せられていくと、高層マンションの最上階でした。

大勢の舎弟が居る中、千冬の姿を見つけます。

これから〝幹部会〟だと東京卍會最高幹部の花垣武道に言うのです。

東京卍リベンジャーズ70話ネタバレ

京卍リベンジャーズ9巻71話ネタバレ

過去でマイキーの闇落ちを防いだタケミチ。

現在では幹部となっていました。

タケミチは驚いていますが、私もビックリです!一体幹部会ではどんな話があるのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

始まる幹部会

都内の一角で、高級車が列をなして停まっています。

タケミチと千冬は細い路地に入っていき、黒服で頭にタトゥを入れているドアマンに「こちらです」とドアを開けてもらい中へと入っていきます。

ここが東卍幹部の集会場と、タケミチは緊張します。

部屋では円卓を囲んで、幹部たちが中華を食べています。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第71話

すすめられた席に座り、自分は本当に今東卍の幹部なのかと興奮します。

幹部たちが集まっているこの場に来れたことは、今まで手掛かりが全くなかった東卍の核心に近付くことができます。

黒服が「まずは1人ずつ今年の上納金についてのご説明を」と言うのですが、口をもぐもぐとさせて「それよりチャーハンはまだか」と、最高幹部の1人であるパーは言います。

そして、まだ来ていないヤツも居ると言うのです。

パーの姿に、喜ぶタケミチ。

パーに向かってうるさいと言った最高幹部は、伍番隊の隊長だった武藤です。

来てないやつは三ツ谷の事かと聞くと、他にも来ていない奴がいると言いながらも、再びチャーハンの事を聞くのです。

それを見て、イラつきながら「チャーハンは最後だ」と怒ったのは肆番隊の隊長だった河田です。

パーのことをアホと言われて、怒りだしたのはぺーでした。

「パーちんの脳ミソは空気でできてんだ!」と言うその姿を見て、変わっていないなとタケミチ嬉しく思います。

今の会話でパーちんとぺーゆん、三ツ谷は12年経った今も東卍に居ることを知り、安心します。

すると、肉をむしるように食べながら「うるさい」と言う男が居ます。

古参とパーたちの事を馬鹿にした柴八戒。

バカにされたメンバーはキレます。しかし、顔半分に痣がある男は黙れと一喝し「誰のおかげで食っていけてると思ってるんだ?古いってだけで上納金も大して無いのにふんぞり返っている古参共」と、乾青宗は言います。

ついに立ち上がってしまう武藤と河田。

それを笑って、ハッキリ言い過ぎだと九井一は言うのです。

出典  東京リベンジャーズ9巻 第71話

知らない顔に誰だと思っていると、後ろで千冬が幅を利かせている彼らを苦々しく思います。

「元黒龍組が」そう言われて、黒龍組を知らないタケミチはその名前を繰り返します。

ペーが「大体マイキーはどうしたよ?」と言って、タケミチの心臓は大きくなります。

無言になるメンバー達。

柴だけは、汚い音を立てて食事を続けながら「テメェごときに会うわけねぇだろ」と言います

それを聞き返すパー。

マイキーマイキーと、古参はなにかあるとすぐにその名を呼ぶ。金魚のフンだと言い放ちます。

さすがにその言葉には、パーはブチ切れます。

座っていた椅子を蹴り飛ばすと、芝に表に出るように言うのです。

柴は知らん顔をしながら、音を立てて食事を続けます。

するとだるいと言って、半間がパーのことを止めます。

やはり現代でもコイツが居た。

タケミチは口を強く結びます。

裏切者は誰だ

「今日の定例会で話したかったのは、上納金の話じゃない」と、半間は続けて言うのです。

九井こと〝ココ〟の表のITと〝柴〟のフロント企業、そしてその他の東卍の運営する会社に、3日前にガサ入れが入ったと言うのです。

これはこの中に裏切者が居ることを表していると半間は言います。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ9巻 第71話

一同は静かになります。

パーは「裏切り者などいない、腐っても仲間だぞ」と言いますが、ココは「誰かが教えなければ、同じ日に数か所同時にガサが入るなどあり得ない」と言います。

一気に場が騒がしくなったところに、稀咲が「楽しそうだな」と入ってきます。

タケミチ以外は深くお辞儀をして、稀咲に「お疲れ様です!!!」と大きな声で言います。

タケミチだけ、稀咲の顔を見て苦々しい顔をするのです。

東京卍リベンジャーズ72話ネタバレ

感想

初めて姿を現した、現在の東京卍會の幹部達。

知っている顔と、知らない顔がありました。

ドラケンとマイキーの姿はありませんが、顔見知りが居たことに安心をします。

一体現代はどういう状況なのでしょうか?

裏切者は本当に居るのでしようか?

それは一体誰?まだまだ分からないことばかりです。続きが気になります。