東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ15話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Revive」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

14話のあらすじ

倉庫で愛美愛主との抗争について相談しているマイキーの元に行き、「抗争を止めてほしい」と頼むタケミチ。

「根拠は言えないが、この抗争は誰かが裏で糸を引いている」と言うと、怒ったパーから殴られます。

マイキーは「総長である自分がヤると決めた以上、愛美愛主との抗争はする」と、真顔で言い切りますが、退けないタケミチは土下座をして頼み込みます。

すると、ドラケンが「タケミチが退かないというのなら、少し愛美愛主について調べてみてはどうか」と提案します。

その言葉を聞き、「東卍に盾を突くのか」とドラケンに言うマイキー。

緊迫した雰囲気の中、愛美愛主のメンバーを引き連れた長内が突然現れます。

そして今から戦争を始めると言う長内に、タケミチは焦ります。

東京卍リベンジャーズ14話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ3巻15話ネタバレ

いつもはドラケンの意見に耳を傾けるマイキーが、今回は正面から突っぱねてしまいました。

いつもの2人ではない雰囲気に、嫌な予感がします。

そんな中、騙し討ちのようにやってきた長内。卑怯すぎて、イラっとしますね。

こんな奴にマイキーは負けてほしくないですが、人数差がありすぎてどう見ても不利です。

一体どうなるのでしょうか。気になる続きを書いていきたいと思います。

年下相手に最低な愛美愛主

止めたかった東卍と愛美愛主との抗争が始まってしまう!!と、焦るタケミチ。

愛美愛主のメンバーたちは、マイキー達が逃げられないように囲みます。

それを見て、「中坊相手にこの人数で奇襲。イメージ通りのクソヤローだね」とマイキーは言います。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第15話

そう言われて、笑う愛美愛主。

タケミチだけは現在の長内に先に会っていたため、イメージが違いすぎると思わず長内を凝視してしまいます。

その視線に気が付き、「そういう見下したような目が一番嫌いだと」一方的にタケミチを殴る長内。

パーVS長内

殴られて意識が飛びそうになっているタケミチを、更に殴ろうとする長内。それを「テメェの相手はオレだ」と止めるパー。

参番隊の副隊長であるぺーやんは、タケミチに「パーちんは東卍の中でもバリバリの武闘派。長内なんかにゼッテェ負けねぇだから安心しろ」と言います。

そういう事じゃない。このままではドラケンたちが死んでしまう。止めないといけないのにと思うのに体がガクガク震えます。

そんなタケミチに、マイキーは「これはパーの喧嘩だ。黙ってみてろ」と言います。

パーは長内を殴ろうとしますが、一方的に殴られます。

そのフォームを見て、長内はボクシングを齧っていることに気が付きます。

パンチをモロにくらい、意識が飛びそうになるパー。

慌ててぺーやんは止めに入ろうとしますが、マイキーに止められます。

タケミチは「パーちんは鼻も折れているし、意識も朦朧としている。このままでは死んでしまうから止めましょう」と、マイキーに必死に訴えます。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第15話

しかし、笑いながらマイキーは「なんで?まだあきらめてねえじゃん」言います。

「こんなのは酷い。拷問と変わらない」と涙が出そうになるタケミチ。

ついにパーは、立ったまま気絶してしまいます。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

マイキーが出る

膝をつきそうになるパーを、マイキーは抱き留めます。

「ふがいない」と謝るパー。

しかし、マイキーは「オマエ負けてねぇよ」とパーに言います。

その言葉を聞いて、一斉にヤジを飛ばす愛美愛主のメンバー。

「どこをどう見たら負けてないのか。泣いても許さない。土下座しろ」と叫びます。

そんな中をマイキーは長内の正面まで歩いていくと「ヤんのか?マイキー」と話し出した長内めがけて、強烈な回し蹴りを食らわせます。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第15話

あまりの蹴りの凄さに、驚く一同。

「パーちんが負けたと思っているやつ、全員出てこい。オレが殺す」と殺気のこもった目で、愛美愛主のメンバーの前で凄みます。

「東卍はオレのもんだ。オレが後ろにいるかぎり、誰も負けねぇんだよ」と言い切る姿を見て、唾をのむタケミチ。

誰も何も言えない中、マイキーは申し訳なさそうに振り返ると「ゴメン、ケンチン。やっちゃった」と言います。

それを見て軽くため息をついた後「しょうがねえなぁ、マイキーは」とドラケンは言います。

次の瞬間、倉庫に何かが割れた音が響きます。

割れた瓶を片手に、叫びながら突進してくる長内。咄嗟にドラケンはマイキーをかばいます。

それを見てタケミチは焦り叫びます。

感想

マイキー強い!!

パーが全く歯が立たなかったのに、一蹴りで片付けてしまいました!!カッコイイ!!!

しかし、手を出してしまったことを咄嗟にドラケンに謝ったということは、ドラケンの意見に耳を傾けていたということでしょうか。そんな素直なところがまたイイです。

それにしても、タイマンでは勝てないからって、割れた瓶を出してくるなんて・・・最後まで長内はクズです。

刺されて死んだというドラケンが、マイキーをかばうために立ちふさがるなんて!心臓に悪すぎます。刺されないですよね?大丈夫ですよね?早く続きを見せてください!