東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ18話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Rechange」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

17話のあらすじ

ケガの為、絶対安静のタケミチの元に、友達が見舞いに来てくれます。

話を聞いてみると、やはりマイキーとドラケンは喧嘩をしているようです。

すると、ドラケン本人も見舞いに来てくれました。

パーと長内が、あの後どうなったのかを教えてくれるドラケン。

しかしマイキーの話になったとたん、怒って帰ろうとします。

玄関まで来ると、マイキーが居ました。マイキーもタケミチの見舞いに来たようです。

2人は、顔を合わすなり喧嘩を始めます。

タケミチは止めようとしますが、ケンカをしながらタケミチ家の庭に置いてあったものを投げ合い、破壊していきます。

思い出の品が壊されて打ちひしがれるタケミチ。

それでも喧嘩を止めないマイキーとドラケン。

そんな2人に、タケミチは真正面からキレます。

東京卍リベンジャーズ17話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ3巻18話ネタバレ

あの2人相手にブチ切れるなんて・・・タケミチは正気なのでしょうか!?

タケミチが勝てるはずがありません。

それ程、思い出の品が大切だったということなのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

ブチ切れるタケミチ

キレたタケミチに「オレの大切な思い出を、メチャクチャにしやがって!!」と言われて、たくさんの物を壊していたことに、やっと気が付く二人。

怒りのままマイキーに殴りかかりますが、あっさりと避けられて集められていたゴミの山に頭から突っ込んでしまいます。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第18話

そんなタケミチを心配するマイキーと、なんとか落ち着かせようとするドラケン。

「うるさい!オレの思い出なんてどうでもいいんだろう!?」ドラケンの胸ぐらをつかみます。

友達も慌てて2階から降りてきて、タケミチを羽交い絞めにして止めようとします。

泣きながらぶつける想い

しかし、タケミチは止まりません。

「周りの事なんてどうでもいいんだろう!?」と叫ぶタケミチに、「オマエのことを傷つけるつもりはなかった」と、素直に謝るドラケン。

タケミチは「どうでもいいから喧嘩なんかしてんだろ?」と、辛そうな表情になります。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第18話

「2人がモメたら、周りにどれだけ迷惑がかかるか、わかっていない。2人を慕ってついてきた皆まで揉めちゃうんだよ!?東卍がバラバラになっちゃうんだよ!?」と涙を浮かべて訴えます。それを聞いて、周りは静かにタケミチの言葉に耳を傾けます。

「そんなのは悲しい!自分勝手すぎる」と、泣き出してしまうタケミチ。

肩を落とすタケミチに、マイキーは話しかけます。でもタケミチは、「もう帰ってくれ」と突き放します。

真剣な表情のまま、マイキーは「さっきからずっと、アタマにウンコついてるよ」と言い、驚くタケミチ。

ゴミに頭から突っ込んだ時から、ずっと頭に乗っていた大きなウンコ。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第18話

「なんでもっと早く言ってくれなかったんですか!」と怒るタケミチを、みんなはキッタネー逃げろーと、中学生らしく茶化します。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

ミッション成功

頭を洗ってきたタケミチは、公園にみんなで移動します。

お互いに謝り、仲直りをするマイキーとドラケン。

そんな2人に「なんでケンカなんか?」とタケミチは聞きますが、声をそろえて「忘れた」という2人。

「でも、正しいのはケンチンだ。パーは自首したんだもんな」と寂しい目で、遠くを見ながらマイキーは言います。

それを見て、マイキーはパーを無罪にしたかったんだとタケミチは気づきます。

ダチとしてパーを助けたかったマイキーと、パーの自首した覚悟を大事にしたドラケン。

どちらも曲げられないモノがあったから、ケンカになったんだろうと思いました。

出典  東京リベンジャーズ3巻 第18話

笑顔で「パーが出てきたら、いっぱいお祝いしようーな」と言うマイキー。

そんな2人を見て、「やっぱり東卍はカッコイイ!」とタケミチは思います。

2人が仲直りしたということは、歴史を変えることが出来た。ミッション成功だ!と喜ぶタケミチ。

そんなタケミチの元に、ヒナとエマがやってきます。

「8月3日のお祭りに行きたいと」ヒナに誘われて、もちろんOKするタケミチ。

マイキーとドラケンが仲直りしていることに気が付いたエマは、「心配したんだからね」と叫びながら安心します。

本来ならば、すぐに現在に戻った方が良いのでしょうが、ナオトに謝り「これくらいのご褒美はいいだろ?」と祭りの日を迎えます。

屋台が並ぶ中、浴衣姿のエマとヒナがやってきます。

2人を笑顔で迎えるタケミチ。

しかし、オレは浮かれていたんだ。まだ何も終わっていなかった。オレの人生で最も長い祭りが始まるーという言葉が出ます。

感想

まさかのミッション成功です!

大事なものを壊されて怒っていると思っていたタケミチですが、周りのことをどうでもいいと思っている2人に腹を立てていたのですね。

仲間を大事にするタケミチの想いに、心を打たれました。

感動をするシーンなのに、頭にウンコを乗せていたなんて・・・どこまでも締まらないタケミチです。でも、そんなタケミチだからこそ、2人の心に言葉が届いたのかもしれません。

抗争も止められて、ヒナ達と楽しい夏まつりになると思っていたのに、なんだか不穏なナレーションが入ります。

まだ終わっていない?人生で最も長い祭り?・・・何かが起こりそうです。続きが気になります。