東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ54話ネタバレやあらすじ、感想考察まとめ「Below the Belt」

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

53話のあらすじ

2倍の戦力差がある芭流覇羅と東卍の乱戦は、年も下で数も少ない東卍が押されてきます。

ドラケンと三ツ谷がなんとかしなければと動きますが、士気は下がる一方です。

すると、殴られて痣だらけのタケミチが、叫びながら1人両腕を振り回して芭流覇羅に突っ込んでいきます。

「自分がこの戦いを勝利に持っていくんだ!」涙を浮かべながらもそう叫ぶタケミチの姿を見て、他のメンバーたちは立ちあがります。

そして、ドラケンと共に半間との間に居た敵を全て蹴散らしていくのです。

東京卍リベンジャーズ53話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ7巻54話ネタバレ

ついに、ドラケンが半間の前に立つことが出来ました。

しかし、半間は普段はやる気がなさそうなやつですが、マイキーと張れるくらい強い戦闘力を持っています。いくらドラケンといえど、彼に勝つことが出来るのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

反則級の強さのドラケン

ドラケンは余裕の半間に向かって突っ込んでいきます。

ドラケンVS.半間。

ボロボロのタケミチは、その戦いを見守ります。

「行くぞ!!」と叫ぶドラケンに「来いや!!」と受ける半間。

出典  東京リベンジャーズ7巻 第54話

両腕でガードしている半間を、ドラケンの拳はものすごい音を立てて襲います。

半間は背後にものすごい勢いで何メートルも吹っ飛ばされて、潰されて積まれた車たちに背中から突っ込んでいきました。

そのあまりの威力に、驚くタケミチとドン引く芭流覇羅のメンバー達。

ドラケンは「まだまだだぞ」と、涼しい顔をしています。

「ダリィ・・・」とこぼす半間は、「ガードしててこれかよと・・・」苦笑いします。

タケミチはドラケンの強さに、反則級だとビビります。

1人で戦うマイキー

ドラケンたちとは離れた、廃車が積まれている山の上にマイキーの姿がありました。

一虎を追って、車の上を跳ねるように飛んでいくマイキー。

「逃げ回るだけか!?」と一虎に叫びますが、一虎が後ろを振り向いた瞬間、横から2人の少年が飛び出てきてマイキーに蹴りを入れます。

なんとか腕でガードしつつ、煩わしく思うマイキー。

羽織っていた特攻服の上着は、着地するときに風で飛んでいってしまいました。

車の上からマイキーを見下ろす一虎は「とーしたマイキー!?膝なんてついてよぉ」と笑います。

顔の左側に大きくタトゥを入れているスキンヘッドの少年は、不意打ちなのにガードをしたことを驚きました。

縞模様に刈込を入れて、目がイっている少年は「やっぱりこいつ強いし、気を付けろチョンボ」とタトゥが入っている少年に言います。

2人を見て、一虎に「タイマンすら張れないのか」とマイキーは睨みます。

しかし、涼しい顔をして一虎は「タイマンなどと約束をした覚えはない」と言います。

この2人は対マイキー用に用意していました。入っていた少年院で最強だった喧嘩のエキスパートです。

芭流覇羅の幹部のチョンボとチョメ。

2人はマイキーのことをよく観察したと言います。強いなんて大概は噂だけだと馬鹿にすると、マイキーに突っ込んでいきます。

しかし、マイキーは無表情のまま、片手でチョンボを押すと片足を動かします。

それを見て、慌てて「離れろ」と叫ぶチョメ。

次の瞬間、チョンボの足元の車が、マイキーの蹴りによって大破します。

それを見て、息を切らしながら「危っぶね!!」と焦るチョンボ。

マイキーはちょこまか動くチョンボにイラつきます。

出典  東京リベンジャーズ7巻 第54話

チョメも汗をかいて「コイツはホンモノだぁ・・・」とこぼします。

しかし、一虎だけは笑っています。

どうしてマイキーをここに誘い込んだのか。

それは足場を悪くすることで、マイキーの核弾頭みたいなケリの威力を押さえようとしたのです。

不意を突いて、両足でマイキーの背を蹴るチョメ。

「ここからが本番だぞ!!?」そう叫び、さすがのマイキーも苦しそうな表情をします。

ふと、足元にあった鉄パイプに気が付き、拾う一虎。

2体1で車の上で戦いますが、マイキーは押しています。

それに凄いと言いながらビビる2人。しかし、マイキーに体当たりをして、2人がかりで動きを封じます。

そこに「とった!!」と笑いながら、一虎は背後から鉄パイプでマイキーの頭を殴るのです。

ゴキッと異常な音がして、振り返ったドラケンは、倒れているマイキーに気が付きます。

ドラケンの叫び声を聞いて、三ツ谷と松野、タケミチも白目をむいて倒れているマイキーに気が付くのです。

倒れているマイキーを見下ろすように3人は居ます。

「芭流覇羅の勝ちだ」そう言う一虎。

しかし、マイキーは起き上がります。

驚く一虎に「1個だけ教えてくれ」と言うのです。

頭から血を流しながら、真っすぐに一虎を見上げます「オレはオマエの敵か?」そう問われ、一虎の目が見開かれます。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ7巻 第54話

昔、「オマエはオレのモンだ」口元や頬にケガをしている少年が、一虎に手をさし伸ばします。

人は誰しもが裏切る。

幼い頃の記憶はあまりないけれど、振り上げられた拳と怯える母の顔は憶えています。

無表情で母を見ている、幼い頃の一虎の姿がありました。

東京卍リベンジャーズ55話ネタバレ

感想

半間相手にてこずると思っていたドラケン。しかし、たった一撃で力の違いを見せつけました。

一方、マイキーのことをよく知っている一虎は、マイキーの為に足場の悪い場所へおびき出し、ケンカの強い助っ人を集めていました。

それにも関わらず、卑怯な手を使ってマイキーを殴る。

一虎は狂っています。彼の闇は、マイキーの兄を殺したせいだとずっと思っていました。

しかし、回想を見てそれだけではなかったのかもしれません・・・一虎は一体どんな過去を持っているのでしょうか。知りたいです。