東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ88話ネタバレやあらすじ【稀咲とヒナは同じ塾だった!?】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

87話のあらすじ

稀咲は仲間に入れろというと、自分についてくるように言います。

連れていかれたカラオケボックスでは、黒龍の内通者が居ました。

金で大寿のことを聞き出そうとすると、ココが現れます。

すると、10万で欲しい情報を売るというのです。

稀咲は要望を聞き、大寿が1人になる時を聞きます。

普段は鉄壁の大寿ですが、クリスマスの日だけは1人で協会に礼拝に行くというのです。

稀咲は八戒が大寿を殺すのならば、1人になる時を狙うのではとタケミチに聞きます。

稀咲を疑うタケミチに、「仲間を助ける為に動いて何が悪い」と言うのです。

東京卍リベンジャーズ87話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ10巻88話ネタバレ

仲間を助けたい。なんて稀咲に似合わない言葉なのでしょうか。

しかしそう真顔で言われると、本当にそう思っているように感じてしまいます。

今回は偶然稀咲の希望と、タケミチのしたいことが一緒なのでしょうか?真意が全く分かりません。気になる続きを書いていきたいと思います。

マイキーを支えたい稀咲

ここに居る4人で、八戒を止めようという稀咲。

不振がっているタケミチ達に「マイキーはもうダメかもしれねぇ」と、少し下を向いて言うのです。

強がっているが、場地の件を引きずっている。

それを聞いて、千冬はキレて叫びます。

名前を呼んで千冬を止めるタケミチ。

「このままでは東卍は終わってしまう。自分たちでマイキーを盛り立てるんだ」

出典  東京リベンジャーズ10巻 第88話

そう言いますが、それが正しかったとしても、申し出は受ける必要がないと千冬は言います。

しかし、タケミチは考えて込んで黙っています。

黙って動く以上、他の隊に助けてもらうことも出来ません。

自分たち弐番隊が必要だと言うと「時間の無駄は嫌いなんだ」と言って明日までに答えを出せと言います。

千冬との話し合い

夜の繁華街で、千冬は反対します。

黙ったままのタケミチにイラつき、肩を掴んで稀咲への恨みをぶちまけるのです。

タケミチだって、場地やヒナの仇だということは分かっています。

けれど、他に手が無いのです。

稀咲を殺せば、丸く収まるわけではありません。

自分たちがしなくてはいけないことは、稀咲を東卍から追い出す事。

そして、八戒を止めることです。

稀咲となんて自分だって組みたくはない!

でも、何かヒントを掴めるかもしれないのです。

一気に話すタケミチに、千冬は圧倒されます。

きれた息を整えて、「オレはもう二度と皆の不幸な未来を見たくないんだ。その他ならオレは仇とでも組む!」と真っすぐな瞳で言います。

脳裏には、不幸になったみんなの姿がこびりついているのです。

稀咲と組むことを千冬に頼みます。

出典  東京リベンジャーズ10巻 第88話

長く黙っていた千冬ですが、「今年のクリスマスも女の縁がねぇのかよ!」とため息交じりに言ってくれるのです。

その返答を聞いて、タケミチは微笑み礼を言います。

千冬は彼女が居るタケミチはいいよなと言い、男ばかりでクリスマスに集まって戦うことを愚痴ります。

稀咲への返答

稀咲にタケミチは会いに行きます。

クリスマスまでの期間限定で組むことを、タケミチは伝えます。

それを賢明な判断だと言い、助かるという稀咲。

しかし千冬は、自分たちは八戒を守りたいだけだから、仲良くするつもりはないと言い切ります。

「歪なチームだ」

「目的が一致しているだけだからな」

「お前らが大嫌いだ」

「チーム名どうする」

出典  東京リベンジャーズ10巻 第88話

と、川辺の手すりにみんなでもたれかかって、おのおの好きなことを言い合うのです。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

思いもしなかったヒナの返答

夜が明けて、学校が始まり、気が付けばもう帰り道です。

まさか稀咲と組むことになるとは思わなかったタケミチは、複雑な心境の中ヒナから一緒に帰ろうと誘われます。

横にはナオトも居ました。

期末試験の話などして、途中の公園のベンチで腰を下ろします。

「楽しみだね!クリスマス」と横で座りながら笑顔でいうヒナを見て、最初は「ほぇ?」と反応していたタケミチなのですが、クリスマスにヒナと何か約束をしていたっけ?と考えるのです。

次の瞬間、ということは、予定が被っているということに気が付き焦ります。

ヒナの事も八戒の事も、どちらもタケミチにとっては大切です。

どうしようかと悩んでいるタケミチですが、ナオトは先に帰ると言うのです。

そして昨日の別れ際の稀咲と同じセリフを言います。

「弟の前でいちゃつかないで欲しい」とこぼしながら帰るナオトの後姿を見て、まるで稀咲みたいなことを言うとタケミチが言うと、ヒナも笑いながら「わかる!似てるね!」と言うのです。

その言葉に、違和感を感じるタケミチ。

もう一度ヒナに聞いてみます。

すると、ヒナは稀咲鉄太のことを知っていたのです。

ヒナから稀咲の名前が出たことで、思わず背筋がゾクッとするタケミチ。

「稀咲の事知ってんの?」

と聞いてみると、同じ塾だったと言われ、更に、タケミチとも会っていると告げられて驚くのです。

東京卍リベンジャーズ89話ネタバレ

感想

本当なら、千冬と同じくらい・・・それ以上に稀咲とは組みたくはないタケミチ。

しかし、あの最悪な未来が変えられるのならばと、その憎しみさえ飲み込みます。

苦しいと思います。

そんな中での、まさかの爆弾発言!

ヒナは稀咲のことを知っていました。

ずっと稀咲とヒナは接点がないと思っていたのに、知り合いだった!?ヒナを知っていて、あれほど執拗に命を狙っているというのでしょうか?

益々稀咲のことが分かりません・・・。一体どうなっているのでしょうか?