東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ59話ネタバレやあらすじ【マイキーが切れる】

詳しく巻ごとに詳細をまとめているので、ネタバレされたら困る!という方はブラウザを閉じてくださいね。

東京卍リベンジャーズを読みたい方はお得に賢く読むことができる電子書籍サイトがありますので活用していきましょう。

58話のあらすじ

一虎に刺されたと思ったのに、カスリ傷だと平然と立っていた場地。

タケミチはその姿に安心し、千冬と3人で稀咲を倒そうと場地に言います。

それを拒否した場地は2人を殴ると「マイキーを頼む」そう言い残して、1人で参番隊50人と戦うのです。

心配するタケミチの前で、1人で50人を吹っ飛ばし、稀咲の前までたどり着く場地。

しかし、稀咲の目の前で血を吐くと、ここまでかと膝をつくのです。

東京卍リベンジャーズ58話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ7巻59話ネタバレ

カスリ傷だと言ったのに、場地の傷は重症だったようです。

それなのに、50人も相手に戦った場地。恐らく体は限界のはずです。

このままでは、一虎に刺された怪我で場地が死んでしまうことになります。それだけは絶対にダメです。

タケミチは場地を助けることが出来るのでしょうか?気になる続きを書いていきたいと思います。

刺されて血を流す場地

膝をついて、地面に沈んだ場地。口からは血を大量に吐いています。

それを黙って見下ろす稀咲。

辛そうな顔で「ここまでか・・・」と場地は言います。

なぜ場地が倒れたのか、分からないタケミチ。

あと一歩で稀咲を倒せたというのに・・・

急いで場地の元に駆けていく千冬。稀咲と場地の間に立つと、稀咲に何をしたと叫びます。

しかし、稀咲は涼しい顔で、「自分はなにもしていない」と言います。それを見ていたはずだと。

慌てて場地を見ると、腹のあたりに血だまりが出来ています。

「刺された!?いつ!?」

千冬とタケミチは、一虎に刺された傷が本当は重症だったのだと気が付きます。

怒りを込めて、一虎の名を叫ぶ千冬。

出典  東京リベンジャーズ7巻 第59話

しかし、一虎は座り込んだままブツブツと何かを言い続けているだけです。

この状況は、現在でドラケンが言った通りです。このままではまずい。場地が死んでしまうと、稀咲のシナリオ通りに進んでしまいます。

すると稀咲は「やっぱヤベぇ奴だな、一虎は!」と、いきなり言い出すのです。

「場地を芭流覇羅に引き抜いたのは、こうやって殺す為だったのか」と続けて言います。

自分が計画しておいて、なんて白々しいことを言うんだと呆れるタケミチ。

しかし、稀咲は背後で立ち上がっていた、マイキーに向かって言っていたのです。

マイキーの姿を見て、タケミチは焦ります。

稀咲はマイキーが背後にいることに気が付いて、煽る為にそう言っていたのです。

タケミチの心臓の鼓動が大きくなります。

稀咲の言葉に耳を貸してはいけない。違うと否定しようとします。

歩き出すマイキー

しかし、マイキーは話しながらゆっくりと歩いて行くのです。

ずっと殺したかった。

一虎が年少から出てきたら、真っ先に自分が殺そうと思っていた。

でも、場地がそんな自分を諭し続けてくれていた。

場地は〝一虎はマイキーを喜ばせたかった。だから受け入れられないんだ。たとえマイキーの兄を殺してしまったとしても、自分を肯定する為にはマイキーを敵にするしかなかった〟そう言い続けてくれていたのです。

そう言いながら、口元まで流れてきている自分の血を、舌で舐めとるマイキー。

ものすごくキレているはずなのに、感情のない表情をしているマイキーの事を、タケミチは不気味に思います。

ドラケンはつばを飲み込みながら、マイキーに話しかけます。

マイキーはドラケンの名を呼ぶと「喧嘩はもう終わりだ」と、ドラケンと半間の前まで来るのです。

その言葉を聞いて、半間は「舐めてんのか」と、マイキーの前に出ます。

「喧嘩を終わらせるのは、テメーの決めることじゃない」両腕を軽く広げながら、笑いながら言うのです。

しかし、次の瞬間強烈なマイキーの蹴りが、半間のこめかみに入ります。

東京卍リベンジャーズを安く、または無料で読む

出典  東京リベンジャーズ7巻 第59話

無表情のまま「ホラ、終わった」とマイキーが言った通り、半間の意識はありません。

一撃で半間を気絶させたマイキー。

それを芭流覇羅のメンバーたちは「あり得ない」「イカサマだろ!?」と騒ぎます。しかし、少しずつ体は後退していきます。

恐怖にかられた芭流覇羅のメンバーたちは、「逃げろ!殺されるぞ!!」と叫ぶと、一斉に走って逃げ出すのです。

一虎の前に立つマイキー。

「人は誰しもが裏切る」そう呟くと、立ち上がりマイキーに終わらせようというのです。

「テメェが死ぬか、オレが死ぬか」青筋を立てながらそういう一虎の顔を、マイキーは容赦なく殴ります。

「大事なモン壊すしか能がねぇなら、オレがここで・・・壊してやる」

殴られて地面に座り込んでいる一虎に向かって、無表情のままそう言うのです。

東京卍リベンジャーズ60話ネタバレ

感想

この展開はダメです・・・一番恐れていたことが起きてしまいました。

一虎の事をどうしても許せなかったマイキー。そんなマイキーを繰り返し諭してくれていたのは場地だったのです。

一虎の為に、必死にマイキーに訴えかけてくれていた場地を、一虎が刺した。

それを許せないことは分かります。でも・・・このままではマイキーが堕ちてしまいます。

あんな悲しい顔を、マイキーにさせたくない。

どうすれば、マイキーは止まってくれるのでしょうか?続きを見るのが怖いです・・・でも、知りたい。一体どんな結末となるのでしょうか?